SG&SL: 2

シンガからさらに乗り継ぎ、ようやく夜中にコロンボに到着。

泊まったホテルはかなり豪華なところ。やっぱり安心感が違う。そしてものすごいデカい。吹き抜けから見渡す限りの部屋が続く。
bIMG_3607

なんか今回は時間があまり無い。すぐ近所のGalle Faceまで来てみた。あっつい!
bIMG_3608
しっかし、みんな何してんだろね。ま、無駄に忙しくしてるよりは遥かに有意義な気がする。

潮の香りが気持ちいい。
bIMG_3609

というスリランカ初日。
bIMG_3610

まずホテルでお客さんと会談して、部屋で次の面会の準備。スリランカ・コーラらしい。なんかデザインがカッコいいよね。瓶の口には汚れが結構ついていて、苦笑い。
bIMG_3611

もう一人のお客さんと、ホテル内のインド料理(スリランカ料理ではない)で昼飯。すごいバリエーションで飽きずに腹いっぱい食べられる。
bIMG_3612
真ん中のものはごはんぽい蒸したもの。これにナンやら、普通のごはんやら、少し焼いたクレープ的なものもつく。色んな食べ方ができるようになっている。

いい人、なMr. Feizel。
bIMG_3613

そして新しい発見。

食事後にこんなものが出てきた。何かの実やお菓子みたいなカラフルな粒、氷砂糖みたいなものを数分噛む。結構ミントみたいな爽やかな味がして、これで口の中をすっきりさせるのだ。まるで焼肉の後のガムみたいな役割。昔からインドにあるものらしくて、こんな合理的なものが存在していたとは、やはり流石のインド…すごい。
bIMG_3614
ちなみにこれ、スリランカには無いらしい。そもそも手に入らないとか。似ているようで、違う国。歴史的な経緯を考えると、なおさら感慨深い。

それが終わったらお迎えが来てくれていて、キャンディへと向かう。まるでマリオな広告も味わい深いコロンボ市街。
bIMG_3617

傍若無人なトゥクトゥクや、異常にのろまなトラックが溢れている市街の一般道。バスもそれを避けるために結構凶暴な運転をする。
bIMG_3618

至る所にお寺がある。そう、ここはスリランカ。
bIMG_3619

bIMG_3620

徐々に街から郊外、田舎へと入っていく。気持ちも和む。
bIMG_3623

牛もいたりして。
bIMG_3626

bIMG_3628

水田があり、森があってすごく日本っぽい田舎の風景。タミル語(シンハラ語?)はまったく読めない。
bIMG_3629

bIMG_3630

ちょっと南国ぽいけど、でも柳生とか言われても信じそうな風景。
bIMG_3632

2時間ほど走ったところで休憩することにした。高速バス?が泊まるサービスエリア的な、道の駅的な場所。
bIMG_3636
レイランド製のバス…ミニの元関係者としてはグッとくるあたり。あの懐かしのエンブレム!

多数が走るキャンディ-コロンボ間のバス客の為のお店のようで、数種類のドリンクと食べ物だけを売る素っ気なさ。どういう客層なんだろうかね。
bIMG_3637

bIMG_3638

1本50円のミックスジュース。率直に、まずい…匂いが変なんだよなぁ。
bIMG_3635

なんて感じの道中を経て、ようやく辿り着いたキャンディ。前回素晴らしかったホテルに再び。この広さですよ!これで一晩15,000円だよ!
bIMG_3646

広告

SG&SL: 1

スリランカへの旅、4泊5日。

前回はキャセイで香港トランジット。今回はシンガポール航空でシンガにした。シンガポールに前回行ったのは、もう5年も前か…初めてのアジアで料理の味と豊富さに感動したのだ。マイ・アジアショック。改めてあの感動を確認したい。
bIMG_3593

バタバタしながら夕暮れ時の7時頃、チャイナタウン近くに到着!これこれ、この雰囲気~♪
bIMG_3597
南国風ながら緑が多くて、洗練されてる。この雰囲気はシンガならでは!

しかし、持ち時間は1時間しかない!

で、5分も歩くと出てきたのが、マックスウェルというホーカーズ
bIMG_3599

5年前に連れて行ってもらった店は忘れたので、ネットで調べた一番旨いらしい海南鶏飯を目指す!ラッキー、思ったより並んでない!
bIMG_3600

長年想い続けたのが、これ。一口食べて、まさに膝を打つという言葉のままの、記憶のままの味が広がった!!
bIMG_3601
棒々鶏よりもっとふんわり、もっとジューシーなチキンとほんのり生姜風味の鶏出汁ごはん。これで450円。やっぱり最高じゃねーか。

しっかし時間がない…

鶏飯だけだとまだ食べれるし、どうしてもラクサも食べたかったので、1軒しか無かったここで購入!
bIMG_3602

これまた旨い!5年前の味とは違うけれど、ココナッツミルクベースの味は変わらない。肉のようなものはなんと厚揚げだ。
bIMG_3603

調べていたらオイスターケーキという、食べたことないものがあったので、ここはもちろん買っておいた。時間もないので空港まで戻って食す。
ちゃーんと牡蠣が入ってる、惣菜パン的なハーモニーのお味。これで180円は、当然「最高」でしょ!
bIMG_3604

シンガ味のドリンクは、チェスナッツ(栗)とサトウキビのジュース?。めっちゃ甘い。
bIMG_3596

という訳でバタバタとスリランカ行きに乗り込む…はー満足満足。

最も豪華な安全設備説明ビデオ

今日までスリランカとシンガポールに行ってきた。
その話はまた後でするとして、前回のNZ行きで思い出したこと。

エア・ニュージーランドに乗った時の説明ビデオが素晴らしいユーモアに溢れていて印象的だった。

映画ホビットの登場人物総登場?で、あの退屈な内容をとても楽しく説明してくれる。突然これが始まった時、最初驚き、そしてみんな見入ってしまう。こういう事からこの国自体の魅力も底上げしているんだろうな。

京都の南側、とか

久しぶりに例の中華料理屋で食べる。
ラムのスペアリブ。これまたスパイシーさが最高。
bimg-001

「平春雨」の野菜炒め。強烈な辛さがまた良し。
bimg-002

酢豚、だが「東北の」と頭に付くので全然違う料理になっている。ほぼ豚のみ。
bimg-003

バイクのナンバーがバラエティに富んでいるのは知られているけれど、亀岡はかめまるというキャラ。
bimg-008

まだ残っていた岡崎の夜桜。
bimg-038

これは、壬生のあたりだったかしらん。見も知らぬ商店街があるなんてのも、京都の良い所かもしれない。
bimg-041

御所のあたりで見かけた良い感じのマンション。バブルな雰囲気もあるけれど、こういうシレっとした高級感を感じるところに住みたい。ノスタルジックとゴージャス感のアクの抜けたバランス感に惹かれる。
bimg-047

持ち主の思いが溢れる一軒家。しかし何の様式かわからない程のオリジナリティ。
bimg-050

西院にあるタイ料理に行ったら、すごいコスパ溢れるお店だった。これで1人前。とても1人では食べきれないので、持ち帰りさせてもらった。
bimg-052

桜の季節は先週でおしまい。新緑の季節のはじまり。
bimg-078

南禅寺の門前でありながら、魚捕りに興じる子供たち。地元やのお。
bimg-077

知恩院は何かのイベントであった。
bimg-080

十条あたりのこのマンション、一見普通だけれど屋上とか、とても緑が多い。人の気配が感じられて好感の持てる空気が漂っている。
bimg-083

以前から気になっていた京阪電車と疎水に挟まれたエリア。かなり近代的にはなっているが、時折こんなおかしな風景に出くわす。どんな経緯を経てこの道を跨ぐ事になったのか。
bimg-084

そしてその横には、荒れ果てた墓場。誰が管理しているのか…墓の家族はどう思っているのか…
bimg-085

そしてそのそばには任天堂の二代目本社。花札時代からファミコン以降までの歴史を作った場所。だけど、すごくわかりにくい場所。
bimg-086

十条を西大路までやって来た。80年代感あふれる店の跡。クルマとカフェの組み合わせ、それ自体がもう時代感ビンビン。
bimg-091

そのあたりで、なんと8番ラーメンを発見。金沢には至るところにある、北陸名物のラーメン店。どうやら関西にあるお店はここだけ、らしい。
bIMG_3580

食べた小ラーメンは、麺が半分なのに野菜が1人前という、完全な”野菜ラーメン”だ。味も優しい。
bIMG_3579

最良のハードボイルド

映画「ヒート」を見た。

2時間51分が全く長くない、さすが名作の誉れ高い良い映画だった。

正直、最初は80年代後半的なチャラいシティ派ハードボイルド感が鼻についていた。フェミニズム的には「甘すぎる」世界観というか。

でもじっくりと1人ずつのドラマを描いていく。こいつにも、こいつにも、ダメなりに思いがあって生きているという事を理解していく。
デニーロですら、こんな調子のいいセリフを吐く。
heat01a
しかし、しかしこの台詞にすごく共感してしまうのも事実。この歳になり、守るものもないと生きる意味の重さに改めて感じ入る。

描写がとても丁寧なのがわかる。このシーン、特に市街戦のところはまるで実際の戦場動画を見ているような残響だ。発砲時のM16の放射状に光るところとか、どうやって撮るんだ、これ。

しかし、ただそれだけで無い事に驚いた。まるでクラシック映画、なんだろうカサブランカのような悲恋ものの世界が突如現れる。しかも違和感なく。すごい。
heat01b

ろくでもない奴の精一杯の生き方なのだ、という意味で最後は警察が勝つエンディングも、きちんと世の条理を踏まえている。それでいいのだ。
ほとんど余韻を感じさせないラストといい、最高でした。

記憶

先週、アメリカン・スナイパーを見てきた。

冷静に、粛々と現実を見せていく。誇れるような、カッコいいものではない姿は、最近のテロ動画なんかに近い雰囲気。1週間経った今では、むしろ「地味」で「卑怯」なスナイパーだからこそ、このテーマに相応しいという事なのかと思う。
誰だって、無傷ではいられない。
「大義」があるから人を殺し、人を殺すために「大義」を作り出す。それぞれの内面にも。

偶然だが、こんなものも読んだ。

戦争の体験談を語るわ その1:無題のドキュメント
ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争を体験した日本人少年の記憶。多くの内戦の当事者は、すべからく似たような心境なのじゃないかと思う。ソマリア、コンゴ、パレスチナ、アフガニスタン、シリア。
記憶とはなにか。「亡くなった彼らのことは決して忘れない」、それが次の戦争を生みだす、その皮肉。

以前もボスニアの本を読んだことがあり、下地として知ってはいた。
ドキュメント 戦争広告代理店~情報操作とボスニア紛争 (講談社文庫)
この時は、一方的な「被害者」としての逆転劇という様相も残っていたが、それぞれの立場にはそんな事の意味はない。
これが「バルカン半島の武器庫」の話なら、こんな武器庫は世界各地にあるだろう。

自分もその立場なら、こんな知識はリセットされるだろう。生きるか死ぬかの答えなど1つしか無いのだし。そして戦争は決してなくならない。

そういえば思い出した。
留学していた時、1995年頃だ、ルームメイトがボスニア人だった。ジョージア州の片田舎に、U17のバスケ代表チームがそのまま避難してきていたのだ。自宅への電話も時々しか繋がらないと言っていた。元気に過ごしている彼らといながら、ニュースのぼんやりとした報道とにわかに繋がらず、傍観していた。一緒にシカゴで休日を過ごしたりもしたな。
彼らはどうしているのだろうか。

格差とテロ

韓国のラップがすごい、というので聴いてみた。

薄っぺらい感想で自分でも不甲斐ないけど、一線を超えた空気が漂っている。ヤミ金ウシジマくん的というよりテロリズム的というか。トレインスポッティングも連想する。
日本よりも更に過酷な格差社会について記されていて、その諦観がそのまま伝わる一種笑いのような軽薄な感覚がむしろ恐ろしいという。

たぶんラップの意味は大したものはない。だからこそというか、ものすごい数の再生回数からも、空恐ろしい感覚を覚える。

こういう感覚はある種万国共通というか、時代性でもある気がしてならない。