登山の距離感

以前から気になりつつ、それを咀嚼できずにいた思い。

「山に登る」事ってどういう事?だ。

登山へのロマン、それはとても魅力的だが、同時にとても危険で多くの人が死んでいき、一方でどんどんカジュアル化、一般化が進んでいる。
遭難事故のニュースが飛び交うたびに批判する人の気持ちもわかり、同時にほろ苦い思いでいる山好きな人々の居心地の悪さも想像できた。

そして、この相反する2つの感情の橋渡しをするかのようなイメージがある。それが欧米人的というか、アウトドアブランドの広告的な、カジュアルに自然に触れ合おうというイメージ。

sierradesigns

本当はもっと厳しく、泥臭く、生きるための装置みたいなもんじゃないのか。前記のようなナイーブな思いこそ打ち砕かれるべき場所なんじゃないの。

そんな時に見たのが、2012年のこのニュースであった。
「那智の滝」登った3人、礼拝所不敬などで書類送検: J-castニュース
先の2つともまた違う、得体のしれない行為。何やってんだと思いつつ、とにかく不可解だった。いろんな記事を読んでも、その真剣な思いもわかるんだけれども、最後は「どうしても登りたかった」と。やっぱりそこまでする意味がわからん。

色んな登山家がまっとうな事を言う。しかし…なんだかモヤモヤする。これって本心なのかな?
「那智の滝」事件について | 野口健公式ウェブサイト

でも、ようやく納得できる文章に出会った。
『外道クライマー』スーパーアルパインクライマー宮城 – HONZ

臆面もなく書かれた、事件への嫉妬。なにより「登山の反社会性」についてはっきりと書かれた文章で膝を打った。
やっぱりそうなんだ。おためごかしをしていても、結局人は”ワル”を求めている。そうすると女性が惹かれる理由もわかる、気がする。この距離感こそが登山の魅力が増している理由なんじゃないか。まるで春画展じゃないか。
“ワル”とは、別に悪行だけじゃない。自分を超えた力を試すこと、非日常、暴力性への接触。。。色んな意味で、人は「正しい行い」だけでは成立しない。

広告

丁寧な仕事

新しい朝ドラの、宇多田ヒカルの主題歌が素晴らしい。

utada

曲は公式サイトとドラマでのみ聴ける状況。

iTunesで初めて曲を買った。
そもそも、音楽を買ったのは何年ぶりだろうか。

初めて耳にした時、いや、それは次の日のドラマの時。
ドラムの音がやけにこちらの耳を引っ掛ける事に気づいた。
誰が聴いてもわかる宇多田節だから、よけいにそうなった
のかもしれない。
全域に張り詰めた緊張感が僕の心をも、ぐっぐっと押し寄せる。
とても柔らかい曲なのに。

もうひとつ、何ヶ所か吐息を入れている事に気づいて、ハッとなった。
サビのコーラスも花びらが舞うように、フワッフワッと重ねて、
柔らかくアゲていく。
テンションのスタート地点がピアノソロとのパートだとしたら、
吐息によって少しマイナスまで落とし、ストリングス&コーラスの
クライマックスもあくまで柔らかく、うっすらと仕上げている。

ああ、丁寧な仕事。

ピーカン

雨だと思っていた日曜日、起きたらきれいに晴れ渡ってる。

腰の痛みは改善しないが、やっぱり外に出たい。
見事に雲一つない空だ。風は強いが、な。
bIMG_0364

桜も花が終わり、葉に移り変わった。
bIMG_0352

bIMG_0359

今にも流されそうな年代物の橋だ…今のうちに渡っておかないと架け替えられてしまいそう…
bIMG_0365

千本丸太町で見つけた写真スタジオ。
bIMG_0370

七条の卸売市場の中には昔ながらの店が連なっていた。
bIMG_0367

bIMG_0354

新大宮商店街の閉店していた店が、どうやら再開している模様。古道具とかなんとか。。
bIMG_0372

少し走ってのんびりしたり、本を読んだり、そんな事ができる季節になってきた。
bIMG_0377

初めてのebay

以前からずーっと使いたいと思っていたサイト、それがebay。

Paypalも登録していたので、遂に使ってみた。
ebay
以前見た時より、遥かに使いやすくなっている。日本への送料も自動で表示される。

で、買ったのはこれ。NASAの旧タイプロゴ。これが僕らのロマンだけど、日本では手に入らないんだよね。。
bIMG_0293
送料含めて2,000円前後ながら、十分以上の出来で大満足。

勢いでもうひとつ。東南アジア諸国でもずーっと血眼レベルでさがしていた、プラスチック製のタンブラー。
bIMG_0303
このサイズ、意外と無いんだよな。割れずに済む安心感。しかし、4個セットながらどれも割れてヒビが入っており、使えるのは一個だけという…(笑)

しばらく前から、亀岡まで自転車で行こうと思いつつ、未だに行けていない。

今日はその、途中まで行った。桂。腰がねぇ~(笑)
bIMG_0257

京大の裏、京都厚生園から一山越えられるかと思い、地図を頼りに急坂を登ったが…

道は途中で途切れていた。おい!
bIMG_0258

改めて下から京大桂キャンパスへとたどり着いた。暖かい日和、ちらほらとしかいない人々、整備された町並み、平和。
bIMG_0269

あのデザインと同じ時計がここにも。
bIMG_0265

そばに住宅地がすこし造成されていて、子どもたちも少し遊びに来ている。
bIMG_0267
こういう住宅地が、好きだ。ニュータウン感。

さっきの途切れた道は、ここに出てくる。
bIMG_0266

桂駅まで降りてきた。この4050系救援車は戦前生まれ。
bIMG_0271

今日の桂川沿いは人が多かった。春がやって来たよ。
bIMG_0273

遠くへ

この日は和歌山へと、新規開拓。

桜の季節だが、それよりも山は名産地で覆われていた。有田はみかん畑、みなべは梅の木で桜のサの字もない。
bIMG_0199

有田には鉄道公園があった。ここって元有田鉄道って事か。それっぽい車両は見当たらなかったけれど。
bIMG_0197

さらにさらに走って串本までやってきたら海沿いの道になる。ただひたすら海沿いを走り続ける。都市から都市へと移動するばかりでは、たとえ海外でもこんな風景には出会わない。だから、ここは異国だ。
bIMG_0216

京都で喜んでいるより、もっと雰囲気のある串本の町並み。
bIMG_0218

西から回った和歌山も、東側へと来ると少し雰囲気が変わる。文化圏が違うのだろうか。
新宮に辿り着き、人と話していても、京都から来たと言うと「わざわざ来てもらって」とすごく恐縮してもらう。その新宮の町並みも、良い意味で猥雑な面もあったり、一個の街として独立した雰囲気を持っていてとても印象深かった。とても素敵だし、逆にここに住むという事を考えたり、考えられないと思い至ったり。そう思わされる事こそが、良い街の証明だ。

そんな事を思いながら、日が暮れる海を眺めながら車を走らせる。
bIMG_0225

結局、14時間550kmも走り続けた、旅だった。

お土産に買ったほね天。
bIMG_0248

さんまの一夜干しも美味かった。
bIMG_0249

ピンクな週: 猥褻文化を語ること

おととい、桜が遂に満開。
bIMG_0144

家の周囲は大混雑で、特に土曜日は色んな大学の入学式も重なって大変な状況だった。
bIMG_0154

今朝は、朝イチでここに行ってきた。
shunga
この、なんのこっちゃわからんデザインも、逆に主張を際立たせていてこの展覧会の意味付けが如実に見えてくる。秀逸。

既に開館の9:45から並んでいる人々。
bIMG_0158

前半の手書き類は漫画的な技法を随所に感じたり、それなりに楽しんだがやっぱり白眉は最後の部屋に集められた大御所のものだった。迫力、完成度、どっちも段違い。

有名な、北斎のタコの絵。延々と物語が描かれていて、まさに官能小説&その挿画。
hokusai

個人的にはベスト2つのひとつめ。これも北斎の、顔がナニになったカップルのお話。これも何枚かの連作状になっていて、つまりは官能小説だわな。
IMG20no.468

もうひとつのベスト。ピカソも持っていたという鳥居清長の絵は、逆にとても洗練されていて、猥褻要素は「春画」扱いにさせるための記号でしかなくなっている。下の絵が大原女だそうで、そう見える要素が確かに散りばめられている。
sodenomaki

歌麿のこの、画面めいっぱい使いきる感覚も、春画的目線で見ると「エロメディア=情報量過多」は当然だよなあと納得。なんというか、男性目線のエロ思考の動線とぴったり一致する。
AN00601088_001_l

やっぱりエロの力はすごい、という感想。
“いつの時代も”この界隈にはダイナミズムとか前衛的な力がある。

そして、これはこの展覧会について最初に知った時から感じていた、やっぱりこれで一番面白かったのは観客のリアクションの方だろう、という点。

女性には楽しんでいる方が多かった印象だが、男性は総じて心が動かされている人が少ないように見受けられた。特に女性の無邪気に楽しんでいる感じが印象的。

この男性たちの反応の鈍さはたぶん、
「結局昔のエロ本じゃねーか」
という感覚を覚えるからじゃないだろうか。わざわざ大げさに取り上げる程の新発見はなかったという部分。
もちろん、今の感覚からかけ離れたところはあるけれど、上述のタコの絵の、あれに通底するSFっぽいファンタジー感覚は今もなお元気に存在してるよね。むしろ、普段自分たちが触れている感覚との共通点を発見する方が多かった。過去に春画を一回も見たこと無い男も少数派だと思うし、あえて美術館という「大規模(でオフィシャル)な装置」で見る必要性も「意味あるの…?」みたいな感覚じゃなかろうか。

その点で男性にとってむしろ新鮮なのは、女性の反応の変わり具合だ。大いに不思議で驚いているだろう。「同じようなものでも、ある一線を越えるとこんなにリアクションが激変するのか!」 それは何なんだろうね。

色々な春画を見た結果、やっぱりあれは猥褻物だと思うし、その捉え方で美術に関わる人々が対応してきたのは当然だと思える。そこに美術としての良さを見出すのは、逆にみうらじゅん的、レアグルーブ的な「再評価」の構造だろと思えて、そういう事を知ってるのか今さら声高に主張する違和感も伴う。
「猥褻な物」を猥褻として”グレーな世界”で取り扱うというのが、個人的には適切だと思うんだけども、むしろそれにこそ違和感を感じる人々も一定層存在するのだろう。”黒か白か”はっきりさせるべきとか、そもそも猥褻では無いと思うとかかな。

外に出ると、入館待ちの列が更に伸びていた。
bIMG_0159