楽しみを糧に~香港・マカオ

日曜の夜から滞在していたバンコクから木曜日、香港へ。

LCCのエアアジアは、大きなスワンナプーム空港ではなくドンムアンという古い小さな空港を再利用している。
bIMG_1552
タイ・ライオン航空のボーイング737-900ER。クラシックで美麗な姿やのぅと思って撮ったら、実は現行型であった(笑)

香港のホテルは、何となくお洒落なところ(笑)にしてみたら、こんな具合。超シンプル!
bIMG_1557

8畳くらいの広くはない部屋だが、貫かれたコンセプトが伝わる。机や収納が一体化してる!
bIMG_1559

入口もこんなにオシャレ!(もちろん周囲はそんなことない) 左がエントランス、右が併設のイタリアン・レストランである。昼食が200HKD(2300円ほど)と相当な値段するので行かなかった。
bIMG_1614

ほら!不思議な立地!
tuve

夜10時に疲れきって到着したのでご飯だけでも、と近所の気軽めな麺屋に入った。
bIMG_1565

こんな感じで好きなモノをどんどんトッピングするスタイル。何が何だかわかんねーよ(笑)
bIMG_1561
選んだ墨丸というのはイカの団子、魚餃とは魚肉の小籠包的な(=餃子)であった。

粗麺ってのが、平らな小麦粉感あふれる美味い麺。400円位かな。
bIMG_1563

ほんと、何処も賑やかな香港は天后の町並み。
bIMG_1566

ドリアン三昧の今回の旅、今度は生ドリアン入りのココナッツミルク?
bIMG_1570

翌朝、6時に起きてマカオ(澳門=Àomén)に向かう。ターボジェットが20-30分おきに出ているという物すごい利便性。
bIMG_1573
運賃は3000円位だったっけ。

今回、なんとしてもマカオに行きたかったんだ。

指定だけどまだまだ余裕がある7時半の便。
bIMG_1574

朝ぼらけの香港、金曜日。
bIMG_1579

島々の目先を抜けていく。
bIMG_1580

長大な橋が建設中で、数年後には香港-澳門が結ばれるらしい。規模が違うよ…
bIMG_1581

マカオは、言わずと知れたカジノの街。至るところに昔ながらの大規模なカジノとホテルが林立している。
bIMG_1585

bIMG_1603

bIMG_1606

息を呑むデザイン力。
bIMG_1601

セナド広場は全くの異国だった。
bIMG_1587

歩いているのはアジア系ばかりというのも、なんだか面白い(笑)
bIMG_1590

bIMG_1589

街のあちこちに、ヨーロッパ的な痕跡がある。可愛いという表現がぴったり。
bIMG_1599

ほら。
bIMG_1600

こんな古めかしい学校も、素敵だ。
bIMG_1597

日本とおんなじ、可愛い。
bIMG_1598

この写真も可愛い。なんかほっこりする。
bIMG_1604
この街を愛しているのが見えると嬉しい。それにしても…325周年!!

マカオの通貨はパタカという香港ドルでないもの。レートは1:1だが、香港では使えないので使わないようにしていた…が!
bIMG_1612
最後のカフェでコーヒー買ったら、これで返ってきてしまった…香港ドルで払ったのに…

bIMG_1595

—————————————————————————————-

香港に無事帰ってきて1時間後、お客さんと食事。
bIMG_1613
うどんでもない、スパゲティでも無い、美味い麺。

bIMG_1652

今回、テスラのSを山ほど見かけて完全に市民権を得ていることを実感した。本当、珍しくもなんともない。これは驚くべきことなんだ。
bIMG_1623

香港島にはトラムが走ってる。じゃあ乗らないとね♪
bIMG_1631

おみやげを買いに、銅鑼湾(コーズウェイベイ)に行こう。
bIMG_1632

運賃はわずか30円(2.3HKD)ほど。適度に古めかしく、適度に混み合ってて和む。
bIMG_1633

bIMG_1636

早朝、帰りの空港へもやっぱりトラムでしょ。慣れたもんだ。

そごう(笑)の地下でチョコクッキーを買って、スーパーにやって来た。
bIMG_1640
なんだか不思議な魚たち。

不思議な日本食。京都ラーメンなるものが売っていた???
bIMG_1643

そしてそして、ドリアンが山盛りで売ってるよ!
bIMG_1646
求めに応じて、その場でカットもしている。

遂に生ドリアン。平均的な品質のこれで600円ほど。5年ぶりくらいに食べた!
bIMG_1649
ミッション・コンプリート!

今回は面白いボトル・デザインに出会った。

これは奶茶という、紅茶にエバミルクを入れた(らしい)、まあ要するに紅茶だ。
bIMG_1572
香港的な図案がイカす。

これは…紅茶烏龍奶という、つまりは紅茶と烏龍茶とミルクを割ったもの…なんて事は後から知った話で、完全にデザインで買ってボトルを持って帰ってきた。秀逸。
bIMG_1624
飲んでみれば、つまりはミルクティーである(笑) 知ってたらもうちょっと注意したんだけどね…

そして1日半ほどの香港滞在を終えた土曜日、ドンムアンに帰ってきた。
bIMG_1655
この鳥模様の飛行機、かわいい。次回乗ってみようかな(笑)

広告

楽しみを糧に~タイ

今回のタイは、5泊6日。

日程の都合もあってタイ航空にしたら、なんとエアバスA380。初の2階建てだ。
bIMG_1476
ま、中はまあ悪くないという程度だったかな。

空港についたら早速のタイ甘味。グミ的なものが入ったココナッツミルク。
bIMG_1486
Tab Tim Grob (ทับทิมกรอบ) – Mock Pomegranate Seeds というもので、なんとクルミを食紅で染めたもの!なんとも健康的じゃないか。

外回り的に着いたMRT Huai Khwang(フワイクアン)駅では、急に大雨が降ってきた。雨宿りに入った中華料理店で牛肉面。日本っぽい味噌で味付けされていて食べやすい。たぶん400円(160BHT)位だったろうか。
bIMG_1498

アイスティーを頼んだらこんなクラシックな瓶で出てきた!
bIMG_1497

翌朝だろうか、ホテルの朝食は高いので外に出たら沢山の屋台がある。出勤前のビジネスマンにOL達で賑わってて面白い。
bIMG_1508

玉子焼きとご飯、串焼きの豚肉&鶏肉&餅米で、それぞれ100円ほど。十分以上に美味いし腹いっぱい。
bIMG_1509

お客さんに連れて行ってもらった麺の専門店。最近出来たお店だそうだ。
bIMG_1514

この麺がとっても美味しかった!トムヤムクン的なスープだけど、生姜や香菜とか色んなものが沢山入ってハーモニーになっている。
bIMG_1513

かたや、朝食では…ホテルでパンケーキを食べた。そういえばドリアンの季節なので、ドリアン・パンケーキ。
bIMG_1527
もはやこの香りが食欲を増すようになってきた。

そして一方ではマンゴーだ。有名な店に行ってみよう!
bIMG_1666

若い人や観光客(特に日本人)が多いね。
bIMG_1668

この、美しいマンゴーの切り口。それにスティッキーライスという名の餅米&ココナッツミルク。他にもアイスとババロア。最高。
bIMG_1669

ある日はお客さんに、なんと日本風の居酒屋に連れて行ってもらった。
bIMG_1535
長年やってるらしい風合い、日本語の品書き、座敷の席…どれもあまりに居酒屋の空気で素晴らしく和める。

しかしここ、とんでもない場所にある。
bIMG_1540

立体駐車場の奥に…入口がある。しかもメインがここという…
bIMG_1539

楽しんだ後、出ようとしたら入口に女性が。足元にはこんなにかわいい子猫!
bIMG_1536

近所に棄てられていたというか…いたらしい。素敵だね。
bIMG_1538

これは…タイで人気の栄養ドリンクだ。
bIMG_1517

BTS鉄道の広告とかでよく見ていたので気になっていた。気になるなら試してみよう。

ユンケル等の半分位の量である。鶏肉エキスと書かれている通り、ラーメンだし的な味になっていて、栄養ドリンクだと思って飲むと予想外である。
bIMG_1518

夕方のMRTや鉄道は、ものすごく混む。日本みたいに混む、けれども皆それほど詰めて乗ってこない。
bIMG_1506
この時も既に3本ほど乗り過ごしているが、詰めない。急いでると辛いけど(笑)

日本ブランドの力はとても強い。このAnelloのバッグもとても流行っている。日本と同じだ。
bIMG_1670

高品質なバンコクの生活も実現されているけれど、一方でこういう人々も路上にたくさんいる。特に障害者やシングルマザーには厳しい。
bIMG_1664
この男性も、片手を失っている。こうしてカラオケを歌って人目を引いて物乞いをしているのだ。正直、この時以外にもキリが無い位たくさんのこういう人々が路上にいる。

こういう楽しみがあって頑張れる、と言えるのかな。
bIMG_1672

CG過多でもいいじゃないか

さて、タイ&香港出張より帰宅。

今回の収穫はこの3つの映画。

滚蛋吧!肿瘤君 Go away Mr. Tumor

2015年夏の中国映画。29歳にして病気で亡くなってしまうけど、逆に残りの人生を満喫する女性の、妄想全開的なお話。

美人魚 Marmaid

少林サッカーの周星馳 (チャウ・シンチー)の2016公開作品。既に興収記録突破する程らしい。環境破壊されそうになる人魚族?が開発者を籠絡しようとするが逆に…という感じ。

山河ノスタルジア 山河故人

ある女性と家族を人生を、99年から2025年までのスパンで描いた年代記的な話。既に日本公開済だったね。

周星馳の美人魚が文句なく1番面白かった。サムネイルに周星馳の文字しか無いところからも知名度・人気が分かろうという具合だが、個人的には全然見てないので先入観なし。それでも最後まで突き抜けてて面白かった。3Dらしいし、これは是非とも劇場で再見したい。
山河ノスタルジアは途中で寝てしまったのでアレだが、90年代中国の隔世の感が凄い。自転車・バイクが普通、皆の垢抜けない姿…これぞ僕らの中国ステレオタイプだが、自分も含めて、あれと今の姿が繋がっていない人が多いんじゃないか。しかし、描き方が叙情的すぎるというか…キザっぽいというか。

滚蛋吧!肿瘤君も美人魚も、どちらもCGをやたらめったら多用している。しかし、妄想シーンであったり、アクションであったり、精度云々より世界観を優先するべき場所でやってるから違和感は少ない。やり過ぎ感も明確に出ているが、それも理解してしっかり”やりきってる”ので楽しめる。むしろ、そういう”ツッコミ待ち”的なメタ感を前提としていて、ああ日本映画よりしたたかで先を行ってるな、そう再確認したのです。

クラシック揃え

久しぶりにクラシックカー・イベントに行ってみた。

poster
コッパ・デ・京都という少し前から始まったイベントは、この種のものにしては新参と言えるかもしれない。
戦前のレースっぽい絵柄が素晴らしい。

こんな感じだね。(1934年モナコGP)
Monaco-1934
メインはアルファロメオ。来年の年賀状に良い…かも(笑)

土曜日に府庁をスタートするという事で、仕事を抜けて後輩を連れてきた。その後、北野天満宮でストップ。
bIMG_1416
こういう古刹に骨董、的な絵面は定番なんだけど、やっぱりよろしいな。

意外にも参加車のレベルが高い。厳選しているな…
bIMG_1414
アルファで一番好きな、ジュリエッタSS(スプリント・スペチアーレ)。モデルみたいなグラマー体型。

無数に作られたバルケッタ=小舟と呼ばれる、イタリアの小型レーシングカー。可愛さで好事家に大人気すぎて、今や大変な高価格になってしまった。僕ももちろん大好き。
bIMG_1412
これはスタンゲリーニ。有名だからお高いぞ…きっと。

初めて見るブロワー・ベントレー。ウィキペディアを書くくらい好きだが、超貴重。トラックみたいにデカかった!
bIMG_1411

これも素敵だった。フランスのスポーツカー、アルピーヌA110。速そうだけど、それよりも昔ながらの”スポーティ”みたいな雰囲気が素敵なんだ。
bIMG_1409

ブガッティも2台も(!)いたんだけど、にたくさん触れることができたので今回は撮らなかった。なんたる贅沢!

在日外国人たちの煉獄

数日前に、この本も読み終わっていた。

ブエノス・ディアス、ニッポン―外国人が生きる「もうひとつのニッポン」 ななころび やおき
51CW6K9B6XL

名前は知ってたラテン音楽雑誌”Latino”の連載からできた本。
TBSラジオ Session-22で荻上チキ氏が「皆にわざわざ配っている」という程の本だって言ってたので、そのままクリックした。

果たして…

在日外国人の事案を手掛ける弁護士が、そこから浮かび上がる問題をエッセイ的に書いている…のだが、その内容が極めて劣悪で…
特に、外国人に対する日本の滞在要件がもう、無茶ぶりとしか言いようが無いレベルで、観光客と大手企業以外は”真っ当に”在住もできない。しかも、その事実自体も日本人は殆ど知ることすら無い。

実例の話がまた、身につまされる。
1. オーバーステイのまま既に十数年を経過した女性の子供は、国によっては国籍が存在しない事になる。女性がある日強制送還となった時、この子は送還先が存在しない。その子の将来は、そもそも存在するのか。
2. 日本人と結婚した外国人女性は、たとえ夫の不倫であれ離婚したら、滞在ビザは無くなる。何十年と結婚生活があり、もはや帰る先が無かったとしても、そして彼女はただ真面目に頑張って日本に適応していたとしても、ただ夫がクズだというだけで、日本にはいられない。
3. 日本で何年も地道に安定した経営をしていたとしても、その経営者もビザは1年しか有効でない事が多い。毎年更新の手間もだが、何より融資などで非常に不利になる。

特に、真面目に仕事をしにやって来る途上国の人々にとって、大変に劣悪な環境なのがよく分かる。
研修制度→オーバーステイ化してしまう状況、
人身売買で日本に送り込まれる南米などの女性たち…
僕は、ついつい彼らの立場を慮ってしまうのである。

それはつまり、在日朝鮮人の人々の状況と全く同じでもある。

問題があれば一度は自国に帰るべき。
きちんとした準備をして来日するべき。
日本語ができないなら、勉強するべき。
たしかにその通りだ。僕もそう思っていた。しかし、彼らの故郷はそれでも日本より遥かに劣悪で、そんな思いまでして日本にいてもまだ”悪くない”と考えているのだろう。でなければ、彼らは他の先進国に移動していくだけだ。故郷に戻る旨味は、それほどまでに無い。
そうして、日本で劣悪な状況が再生産され、ダークサイドで生きる人々が増加していく。

それは誰のためになるのだろう。

彼らがやる気を持って日本に来たのなら、そのやる気を活かしていくのが日本にとっても良いのじゃないのか。少なくとも、既に日本にいる人々にはせめて税金分くらいは還元してあげて欲しい。

浜松あたりの愛知エリアにいる多数のブラジル人たち。
全国各地の中国人、パキスタン人、バングラデシュ人、スリランカ人の人々。彼らの存在が、なぜか日々の生活で触れることがない。

なぜか。
なぜ彼らは僕らから隠れるようにして生きているのか。

僕は、少なくとも彼らのような人々の側にいれる人間でいたい、と思う。

カテゴリー: タグ:

京都の力、空想の力

福岡からの帰りに読んだ。

太陽の塔 (新潮文庫) 森見 登美彦
51V3NSREZFL

京都に帰ってくる道中で、まさに舞台となる我が家にたどり着くまでに読み終わった。
百万遍から北白川別当までの、京大北側エリアが余すところなく描かれている、正に自分のためのストーリー。
この場所ならではという物語だけれど、妄想できる力があれば、これは多分どんな街でもできる。
読みながら、むしろそう思った。

綺麗すぎない、酸いも甘いも染みこんだ空想小説。

カテゴリー: タグ:

熊本、そして別府

今回は、せっかくなので新規開拓を兼ねて滞在を2日伸ばした。北九州エリアを回るつもりで。

天神のホテルに移動する。付近は新しいビルが多く清潔感が目立つが、雑多な雰囲気も同じくらい強くて、その同居性が独特だ。
bIMG_1301

中洲もまた、ノスタルジーを喚起する空気感が濃厚に漂う。この「であい橋」の上では、浪曲を三味線で演る若い女性がいて、一段と昭和の旅を想起させてくれたのが嬉しい。
bIMG_1362

—————————————————–

翌朝は早々に佐賀市、唐津と回る。その後まだ時間があったので熊本まで向かった。
bIMG_1345

高速を降りる直前から屋根のブルーシートを目にし始め、料金所ではこんな事になっていた。
bIMG_1348
屋根が無くなっている。

中心部に向かう道中でも、ブルーシートがちょこちょこ見える。
bIMG_1340

1棟のマンション、1階が潰れてしまっていた。
bIMG_1338

しかし、一方で多くの車が走り、多くの人が道を行き交う。生活が成り立っている様子が見える。熊本市だからこの程度なのかもしれない。
bIMG_1342

—————————————————-

さらに翌日は、大分に向かっていた。大分市から別府へと移動。これまた昔ながらの大型旅館が立ち並ぶ、素敵な街である。
bIMG_1378
麓まで来ると、無数の湯けむりが立ち上る。すごい。

温泉付きをアピールするアパート。
bIMG_1379

この道中も、大変に雄大で素晴らしい美しさの山並みが楽しめる。これ自体が、他にはまず無い魅力だった。

自然と古さが魅力、ってつまり九州は相当自分好みって事じゃないか、という結論を得て帰京の途についたのであった。
bIMG_1372