時代の境目

出張から帰宅。

今回は調子がよく大量に映画を見ることができた…が、いまいち良作に出会えず…

その中で一番はこれかな。
火鍋英雄 Chongqing hot pot

2016年4月に中国公開。
30前後と思われる80后世代の、しかし上手く成功できない者達の疎外感とか成功の先に求めるものを、銀行強盗をモチーフに描いている。
笑いとペーソス?のバランスが良くて、多分多くの人はこんな感覚なんじゃないかと想像してしまうし、これからの彼らはもっとこういう空気感になっていくんじゃないだろうか。

※紅一点の白百何は、先日「滚蛋吧!肿瘤君」で正反対なアッパー女子を演じていたので覚えている。確かな演技。

他の映画を見ていても、そういうバブル的感覚が残っているもの、そうでないものが混在していて、正に今の状況を映し出している気がした。

次点はこれ。
紀念日 Anniversary

2015年末の香港映画。
妻はブライダル、夫は不動産で子なし富裕層として生活するも、倦怠期の夫婦の模索を描く。
とにかく夫が優しく(たぶん中国の現代的夫婦も含めて)、だからこそ顕在化するズレの微妙な機微をじわじわと見せる。二人で生きる意味も含めて、平等ゆえに船頭が不在になる今っぽい夫婦感は日本以上に進んでいて、正直勉強になった。男こそジェンダーに囚われている、その部分も浮き彫りにしている面でも◯。

お約束の期間限定フル・ムービー

第3位は、
恶棍天使 Devil and Angel

これも2015年末に中国公開。
最近典型的な、CG使いまくりなコメディ・アクション。やっぱり中国映画はこういうコメディが一番面白いと思う。ベタだが堅いユーモアシーンをテンポよく入れてくれて十二分に2時間を満足できる。
主演が美人魚邓超。やり過ぎな演技はまあご愛嬌。藤井フミヤに似てるな。
孙俪の細かい工夫を重ねた演技が良かった。既に有名みたいだし、今さらだろうが覚えておきたい俳優だ。
※後日知ったがこの2人、実際の夫婦なのね。。。邓超の初監督業という事で奥さんも…という事か。

フル・ムービー

唐人街·探案 Detective Chin Tang

これは、大ヒットした人再囧途之泰囧 Lost in Thailand絡みだろうか。2015年末中国公開。
今中国では王宝强が大人気らしい。これもタイロケを大々的にやってるが、テイストは少し違ってる。もう彼の魅力で持っていく映画。でも十分面白かった。
ちなみに適役の陈赫はAngela Babyの映画「微爱之渐入佳境」でもちゃんと相手役らしい存在感があったのでよく覚えている。

フル・ムービー

その他、見たのは
睡在我上铺的兄弟 Who Sleeps My Bro

類型的な演技、演出が前時代的?に感じた、新卒の若者たちの群像劇。要するにチャラい、バブリー。途中まででやめた。

高跟鞋先生 Mr.High Heels

16年2月公開の、女性にフラれた事をきっかけに女装することになった冴えない男の話。
女装までの話で1時間かけて、しかもちょっとテンポが悪かった、かな…

広告

時代の境目」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 2017上半期中国映画レポート | daily diary

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中