インドネシアのクルマたち

ジャカルタは公共交通が貧弱で、だから悪名高い道路の渋滞が発生する。

せいぜいこんなバスくらい。トランスジャカルタと言う、専用道路を走る軽便鉄道的なバスである。
bimg_4823
メルセデス製である。SCANIAなどもあった気がする。高い位置に両開きのドアがあるのが特徴的。

連節バスも走っていて、僕が乗った1番系統はその大型タイプであった。前部が女性専用席となっている。
bimg_4826

プリペイドカードのみとなっていて、反応の遅い改札を通る。
bimg_4824
この島式のホームへ行くのも、非常に貧弱なアルミの通路を通るようになっていて、コスト削減が随所に感じられる。

これがプリペイドカード。ご丁寧な説明書&ケースが付いてきた。
bimg_5041
乗ったのが金曜夕方という事もあって、乗客も多くて愛用されている感じがよくわかる。


 

インドネシアは、意外に古くてボロいクルマはかなり少ない。ほとんどが車齢10年もいかない、新しめの現地モデルだ。しかも日本ブランド、それもミニバンタイプがほとんど。各社のローカライズが相当に進んでいるのが実感できる。

特にアストラ・トヨタがとても強く、多くのトヨタ製ミニバンを見かけた。
これはトヨタ・アバンザ(Avanza)。キジャン(Kijang)の下をカバーするインドネシア製の1.3/1.5Lモデルで、大変よく見かけた。
bimg_4799

スーパーでも、こんな具合に同じ車種が並んでるのも普通の光景。
bimg_4818

これは2015年にマイナーチェンジした現行の後期型。
bimg_4808

キジャンの後継で、先代にあたるキジャン・イノーバ(Kijang Innova)。2.0-2.7Lクラス。
bimg_4801

これは現行のキジャン・イノーバ。非常に品質の高いルックス。
bimg_4804

これはキジャンの3代目モデル!86~96年の間に生産された。現行型と比べると正直、雲泥の差である。
bimg_4815

ダイハツも多く見かける。この10系アルファードっぽいルックスのミニバンは、ルクシオ(Luxio)というモデルで1.5Lクラスだ。このクラスが最量販車種なんだろう。
bimg_4814

いすゞも現地モデルの乗用車を販売している。この2代目パンサー(Panther)というミニバンは2.5Lでなんと10人乗!
bimg_4817

これが初代パンサー。ビッグホーンっぽいデザイン。
bimg_4816

これがスズキ版1.5Lミニバン、APV。8人乗で、アンコット(Angkot)という乗合バスにも多数使われている。
bimg_4813

これも少し小さいがミニバンだ。エルティガ(Ertiga)というモデル。
bimg_4810

これもスズキ。キャリー(Carry)という名で、日本と同じだが全然別物。1.5Lでサイズも大きい。
bimg_4805

ホンダは特に新しいモデルをよく目にした。BR-Vは7人乗の1.5L, SUV。ヴェゼルなどの兄弟になる東南アジア専用モデルだ。
bimg_4803

これはモビリオ(Mobilio)というモデル。日本販売モデルとは全く違うアジア専用の7人乗りワゴン。
bimg_4809

一方、トラックはこんなド派手にイジっている(笑)
bimg_4800

アンド、実際の街なかではバイクの大群だったりもする。
bimg_4811

広告

春节快乐

1月28日は旧正月こと、春節。今年は酉年、という事でこういう画像を送り合って年賀状がわりに。

img_4852
とはいえ、こういう画像を送るのは今や中高年がメインだそうで。若い世代は微信紅包での”電信お年玉”が主流だそうな。(最近は金額が88元とかから888元など、桁が上がりつつあって大変だとかなんとか…)

さて、今回出張が春節に重なったので、初めていろんな”お正月”イベントを体験する事ができた。もう、圧倒的である。こちらまで幸せな気持ちになれた。

“大晦日”はジャカルタにいた。祝日に指定されているこの地でも、色々とそれらしい雰囲気が多くはないが見られる。例えばデパート。
bimg_4845
資生堂も春節対応。

SK-IIも限定パッケージを発売していた。自分でも購買欲をそそるデザイン。
bimg_4847

スーパーでも大量の”お正月用品コーナー”を用意している。これはミカン(蜜桔)で、「春节食福桔」と言い”吉を食べる”という意味をかけて、広東や中国南部での正月用品の定番となっている。
bimg_4858
このジャカルタやシンガポールでも、これを見るとここも南方の中国系文化の一部なのだと認識できる。

“大晦日”はこうして家族で食事をするそうな。ホテルにもたくさんの家族が来ていた。
bimg_4862
手前には年糕(ニェンガオ)が切られている。これは黒砂糖風味の餅で、餅というかういろうっぽい食感なのだが、「年年高高」(ニェンニェンガオガオ、年々運気上昇)とかけて、中国南部で食べる。ただ、こんな色や大きさのものはほぼシンガポール周辺のみのようだ。

シンガポール、中華街では正月グッズ販売で大盛況。
bimg_4726

肉干(バクワ)っていう定番の板状ビーフジャーキーも、春節には棒状だったりいろんな形でお正月用品として売られている。右のは…姿干しではないか…
bimg_4721

今年は酉年、という事で至るところに鶏グッズが。
bimg_4719

 


 

そして春节来了。
bimg_4828

シンガ、中華街の真ん中には巨大な鶏が!4階建てくらいの高さがある。
bimg_4893

反対側にもこんなゲートが。「牛车水」は中華街の本来の地名だ。
bimg_4897

デパートも、こんな飾りつけ。
bimg_4891

yuehwa

bimg_4890

実際のところ、春節元日は人出は少ない。目にするのはほとんどが観光客である。ほとんどの地元民な方々は家でゆっくり家族と過ごしてるんだろう。
bimg_4894

それか、こんなお寺(佛牙寺龍華院)に来てお参りか。
bimg_4879

bimg_4878

獅子舞も見たかったな♪
bimg_4885

ホーカーズという屋台でも、正月料理が出ていた。鱼生(ユーシェン)は刺身サラダで、余裕の余(ユー)とかけている。
bimg_4886
「捞起(ローヘイ )」と言い、願い事を言いながら豪快に落として混ぜて食べるんだって。

 

———————————–

 

お正月イベント”春到河畔(リバー・ホンバオ)“のある、マリーナベイのフロートに行ってみた。これが、凄かった!
hongbao

巨大な鶏がお出迎え。大変な人出!
bimg_4965

こんな風に大量のお店も出店中。
bimg_4908

超巨大なランタンがそびえ立つ。これは財神という富の神様だ。
bimg_4919

こっちは鶏。観客席を覆うように設置されている。
bimg_4921

他にも数十のランタンが、マリーナベイサンズをバックに並んでいる。
bimg_4922
それにしても人でごった返している。数万人規模。

イベントもずーっと開催してたり。
bimg_4925

bimg_4956

8時になると、大音響で花火が始まった!すぐ側で大量の花火のつるべ落とし!これが本物の春節かっっ!!
bimg_4938
これが”大晦日”であれば、更に豪勢なものだったのかと思うと…圧倒的であった。大満足。

———————————–

この日の街なかでは、赤い服を来た子どもたちもたくさん見かけた。
bimg_4881

bimg_4882

bimg_4901

新收成!中国电影

出張中に機内でいろいろ映画チェックして、これは!というのが3本。

1. 七月与安生 “Soul Mate”
c995d143ad4bd11372e966c652afa40f4bfb0519

去年の9月、中秋節に公開。小説が原作で、七月と安生という名の幼なじみの少女が、悩みながら成長していく…という話だ。乾いたトーンが全体を貫き、冬の時期に見ると一層しみる。映像が美しく、それを眺めているだけでも楽しめる。
やはり、邦画ほど思いや工夫を凝らさず、こんな叙情的な話でもエンターテイメント然としているのが、奇しくも一冊の文庫小説を読むようなちょうど良い後味を残す。

29381f30e924b8998c46a38c66061d950a7bf608

马思纯は以前見た「左耳」の、やんちゃな女の子を演ってた子だ!全然印象が違う!

2. 外公芳龄38 “Scandal Maker”
83025aafa40f4bfbd5d917d70b4f78f0f7361823

11月公開のコメディ。安定の佟大为である。一応の話は、売れっ子ラジオDJが父親探しの電話相談に乗ったら自宅にまでやって来られ、なんなら実の娘だったことから…のドタバタだ。とにかく、余計なことを考えずにぼーっと見てても楽しい。

陈妍希ははじめて見たけどかわいい。きっちりコメディしてる。達者やわあ。
刘芮麟は「滚蛋吧!肿瘤君」に出てたらしい。友達役かな??

3. 我们的故事 Long Long Time Ago / 我们的故事2 Long Long Time Ago2
7longtimeago00_450


今回、何より気に入ったのはこれ。去年の3月にシンガポール50周年記念で制作された、シンガポールの歴史を描く映画。とはいえ、ある家族の歴史を通して見せていて、ある意味朝ドラ的な風味に仕上げてあるから、とても自然に見ていける。

long2

あのシンガポールが、戦後の間もないころはこんなにも未開拓で何もないところだったのかという点。マレー人と福建人がこんな風に色んな事を乗り越えながら今に至っているのかという点。それ以外にも様々な人々が共存して頑張っていたのだという点。どれも今の姿と通じると同時に驚きの連続だった。
正直まだ全部は見れてないが、大変面白かったので全部見るのは間違いない。