出町ふたばは朝に買いに行く

ふたばの豆餅を久しく食べていない。
左京区に住んでいて、店にはすぐに行けるのに、いつ見ても大変な行列で、とてもじゃないが買おうとも思えん。

以前こんな記事を見て、「それはそれで面倒くさいな」とか言いながら、なんだかんだ結局何年も食べていないのだ。
「出町ふたば」京都駅で人気の豆大福を行列に並ばないで買う方法 – Fu/真面目に生きる

しかし、ある日の朝早起きした時にふと気づいた。

「そうや、今から買うてきたら人もおらんのちゃうか。」

出町ふたばは朝八時半開店と、結構早くから開けてはる。さすがにこんな時間ならば客も少なかろう。いざ!と早速チャリにまたがった。
到着したのは8時28分頃かな?

おぉっ!少ない!

10人程度しか並んでいない!

それでも並んでんのかい、という言い方もできるだろうが、日中の事を考えれば十二分に少ない。8時半前でももしかしたら開けてはるのかもしれない。とにかくこれならという事で無事にゲットすることができた。

奥では多くの職人さんが既にフルスロットルで作ってはる。

10分ほどで無事に買えたが、終わって振り返ったら20人ほどに増え、更にどんどんと列が伸びていく…8時半に必ず来ないと恩恵を感じる少なさではないという事か…厳しいね。

家で何年ぶりかの豆餅を食べる。やっぱり塩の効いた豆が美味い。

広告
カテゴリー: タグ:

京極かねよのきんし丼

バタバタっとしていた7月末、折しもこの日は誕生日。
晩飯を奥さんと食べようかと考えてたら、行ってそうなのに今まで行ったことのなかった
あの有名店に行くことにした。

「京極かねよ」である。
厚焼き玉子がドカンとのったきんし丼、それに新京極へ向かう六角通沿いで鰻を炙っているのがよく知られていて、学生の頃から服なんかの買い物で通るたびに「あ~食いてえ」と思ったものだ。
だのに、気づいたらまったく行ったことが無かった。

意外に閉店が早く、8時に着いてもラストオーダー30分前なのである。しかし、どんどん来店客が入ってくる。もう半数以上は外国人観光客なご時世だ。
一階は大きな円卓を中心にテーブル席が並ぶ。定食屋的な風情がいい。

漬物をアテに黒ラベルを飲んでいたら、やって来た。上きんし丼。鰻がまるまる隠れている。

そして上鰻丼も来た。炭火の香りがそそる!

それと肝吸い。

厚焼き玉子も大好きだが、本当に鰻を味わいたいのならやっぱり鰻丼の方が香りも味もストレートで美味い。しかし、それなら鰻重の方が更に美味く感じるだろうな、としごく当たり前の感想だった(笑)。やっぱり店の雰囲気がいいな。あまり落ち着きすぎないのが場所柄、むしろちょうどよい。
ところで、価格は20年ほど前からは少し上がったと思う。500円位は安かった気がするな。鰻を食べる事自体、もはや問題行動になりつつあるご時世なので仕方ない。

かねよは、暖簾分けというか本家が「逢坂山かねよ」という名前であるので、そちらもぜひ行きたい。

カテゴリー: タグ: