インドネシアのクルマたち

ジャカルタは公共交通が貧弱で、だから悪名高い道路の渋滞が発生する。

せいぜいこんなバスくらい。トランスジャカルタと言う、専用道路を走る軽便鉄道的なバスである。
bimg_4823
メルセデス製である。SCANIAなどもあった気がする。高い位置に両開きのドアがあるのが特徴的。

連節バスも走っていて、僕が乗った1番系統はその大型タイプであった。前部が女性専用席となっている。
bimg_4826

プリペイドカードのみとなっていて、反応の遅い改札を通る。
bimg_4824
この島式のホームへ行くのも、非常に貧弱なアルミの通路を通るようになっていて、コスト削減が随所に感じられる。

これがプリペイドカード。ご丁寧な説明書&ケースが付いてきた。
bimg_5041
乗ったのが金曜夕方という事もあって、乗客も多くて愛用されている感じがよくわかる。


 

インドネシアは、意外に古くてボロいクルマはかなり少ない。ほとんどが車齢10年もいかない、新しめの現地モデルだ。しかも日本ブランド、それもミニバンタイプがほとんど。各社のローカライズが相当に進んでいるのが実感できる。

特にアストラ・トヨタがとても強く、多くのトヨタ製ミニバンを見かけた。
これはトヨタ・アバンザ(Avanza)。キジャン(Kijang)の下をカバーするインドネシア製の1.3/1.5Lモデルで、大変よく見かけた。
bimg_4799

スーパーでも、こんな具合に同じ車種が並んでるのも普通の光景。
bimg_4818

これは2015年にマイナーチェンジした現行の後期型。
bimg_4808

キジャンの後継で、先代にあたるキジャン・イノーバ(Kijang Innova)。2.0-2.7Lクラス。
bimg_4801

これは現行のキジャン・イノーバ。非常に品質の高いルックス。
bimg_4804

これはキジャンの3代目モデル!86~96年の間に生産された。現行型と比べると正直、雲泥の差である。
bimg_4815

ダイハツも多く見かける。この10系アルファードっぽいルックスのミニバンは、ルクシオ(Luxio)というモデルで1.5Lクラスだ。このクラスが最量販車種なんだろう。
bimg_4814

いすゞも現地モデルの乗用車を販売している。この2代目パンサー(Panther)というミニバンは2.5Lでなんと10人乗!
bimg_4817

これが初代パンサー。ビッグホーンっぽいデザイン。
bimg_4816

これがスズキ版1.5Lミニバン、APV。8人乗で、アンコット(Angkot)という乗合バスにも多数使われている。
bimg_4813

これも少し小さいがミニバンだ。エルティガ(Ertiga)というモデル。
bimg_4810

これもスズキ。キャリー(Carry)という名で、日本と同じだが全然別物。1.5Lでサイズも大きい。
bimg_4805

ホンダは特に新しいモデルをよく目にした。BR-Vは7人乗の1.5L, SUV。ヴェゼルなどの兄弟になる東南アジア専用モデルだ。
bimg_4803

これはモビリオ(Mobilio)というモデル。日本販売モデルとは全く違うアジア専用の7人乗りワゴン。
bimg_4809

一方、トラックはこんなド派手にイジっている(笑)
bimg_4800

アンド、実際の街なかではバイクの大群だったりもする。
bimg_4811

広告

コレクション

インドネシアの食べ物&飲み物、それに幾つかのクルマたち。

ジャカルタの中華料理屋では、こんな蒸鶏が名物だそうだ。
b2015-10-07-12.14.20
黄色なのはターメリックかな?少し香りがあって、独特の雰囲気になっている。
他にも”尾頭付き”の鶏があるみたいだけど…(笑)

薄く醤油で味付けされた蒸し魚も、ぷりぷりで美味しい。
b2015-10-07-12.13.48

薦められた蛤のような貝。ニンニクを載せて食べる。
b2015-10-07-12.24.49

その夜も、改めて中華。軽めに幾つか食べた。
b2015-10-07-17.47.50
実はここ、隣にあのSong Fa Bak Kut Tehがある!インドネシアでもあれが食べれるのが感慨深い。

腸粉!
b2015-10-07-17.55.56

街の屋台でEs Kopi(アイスコーヒー)を買った。40円位?クッサイ…残念である(笑)
b2015-10-08-13.19.09

インドネシアといえばビンタン・ビール。
b2015-10-08-17.35.50

ここまで全然食べられなかったのでリクエストして連れてきてもらったローカルフードの店。
b2015-10-09-12.42.05
名前はよくわからないが、ピーナッツを使っているのが多い。

炒めたり茹でたりした肉や野菜に、甘辛いソースをかけるのが主流。
b2015-10-09-12.42.10

甘辛いと言っても、どちらも日本よりもっと甘くてもっと辛い。でもちょうどバランスされていて美味しいんだな。
b2015-10-09-12.42.17

これはアイスクリームだ。柿みたいな味と食感のフルーツなんかが入っていて、香りが特徴的。
b2015-10-09-13.21.14

左のライチの飲み物は、マレーシアでも見たブランド。パンダデザインが秀逸な缶はゼリーの入った中華系のよくある飲み物。
b2015-10-09-09.38.12

牛のテールスープもまた、名物だそうだ。味は…まあ洋風のそれと似ている感じ。日本のと同じようなネギが入っている。
b2015-10-09-20.40.03

現地で一番よく見るコンビニで買ったお茶は、やっぱり甘かった。
b2015-10-10-08.30.28

セマランの街で散々歩き回った後にようやく見つけたのが、Mie(麺)の店である。お客さんも多いので、大丈夫だろうと入ってみた。
b2015-10-10-13.57.38

店の娘らしい子供が暇そうに厨房で遊んでいる(笑)
b2015-10-10-13.42.12

何が何かわからないが、Mie(麺)とgorengでナシゴレンチックなんだろうと勝手に当たりをつけて上から2番めのを注文。ちなみにここではメモに書いて注文する。160円だ。
b2015-10-10-13.40.15

出てきたのはこれ。さつま揚げにチキンとほうれん草っぽいのが載った麺。悪くない。大満足である。
b2015-10-10-13.47.10

セマランの空港では、なんだか人が集まっているお店を見つけた。しかし、メニューも無い。
b2015-10-10-17.37.56

メロンパン?っぽいパン。焼きたてをくれるので、とっても香ばしく美味い。100円位だったかな。
b2015-10-10-17.40.57

——————————————

面白いクルマたち。

ジャカルタの街にはこんな乗り合いタクシーがよく走っている。ドアが無く、後ろに向かい合わせで乗る。
種車はマルチ・スズキの現行車だ。
b2015-10-08-13.14.08

セマランでクラシックに遭遇。フォード・コンサル。60年代だろう。こんなのもいるんだねえ。
b2015-10-09-16.55.12

復活したダットサンブランドのGOも少し走っていた。鳴り物入りだったが、その割には…という売れ行き通りの数だ。
b2015-10-10-09.04.19