2017上半期中国映画レポート

ここ最近、これらの中国映画たちを見た。

1. 我不是潘金莲
2. 28岁未成年
3. 情圣
4. 乘风破浪
5. 嫌疑人X的献身

1. 「我不是潘金莲」

今も中国一の美女と言えば彼女を指すのだろう、というイメージの范冰冰 (ファン・ビンビン) が主演。1枚めポスターの2人は同じ彼女。范冰冰がこんな泥臭い田舎の女性を演じる、というのも一つの売りになっているようだ。

ただ、それよりもまずはこの不思議な画面に吸い寄せられる。

冯小刚新片《我不是潘金莲》首曝预告

丸く切り取られた画面の中で、昔ながらの生活が営まれ、理不尽さに耐えながら地道に努力する女性が、じーっくりと描かれていく。社会の、というか立場に固執する人々を皮肉っぽく描いていく。
絵画的だが泥臭い。美しい風景とかではないのだが、見ていて飽きない。とはいえ、話もじーっくりと進むので中々最後まで見るのは辛かったが(笑)

英語タイトルは “I Am Not Madame Bovary” で、原題も「私は潘 金蓮ではない」である。潘 金蓮とはウィキペディアによると水滸伝などに登場する「絶世の美女だが性欲・物欲・向上心が強く、夫を殺して情夫との淫蕩にふける典型的な悪女・淫婦」の象徴的な人物のこと。英題のボヴァリー夫人も同じような人物。もし邦題をつけるなら、誰の名前を充てるのだろうか。
などと思ってたら、既に原作の邦訳が出版されていた。

わたしは潘金蓮じゃない
劉 震雲
彩流社
売り上げランキング: 866,422

 

2. 「28岁未成年」

学生時代から付き合って10年、同棲も5年して今さら別れの危機に陥った28歳女子が、17歳に戻れるチョコレートを手に入れて…というラブコメ。

《28岁未成年》Suddenly Seventeen || 爱情版预告

主演の倪妮 (ニーニー) は28歳と17歳をもちろん両方演じるのだが、彼女の演技力は十分に説得力がある。17歳時代の恋人役には”我的少女時代”の王大陆 (ダレン・ワン) !

 

3. 「情圣」

既婚子持ちの代理店勤務の30過ぎ男 (肖央) が、広告でやってきた韓流モデル (クララ、イ・ソンミン)に何とかお近づきになろうと必死に頑張る…というコメディ。

《情圣》Some Like It Hot || “搞事”版预告

肖央という主演俳優は、どっかで見たな~と思っていたら、王宝强「唐人街探案」に敵役で出ていたのであった。脚本や制作もやったり音楽でも有名らしい。
しかし、映画はまあゲスい。コメディとして面白いけど、見ててもひくレベルで男目線だけのゲスい努力が続くので、人を選ぶ映画だろうな…

 

4. 「乘风破浪」

あの80后世代の人気作家・韩寒 (韓寒)が監督した第二弾作品。僕は「ネオ・チャイナ」という本で彼の人気を知った。しかも、現在はラリーもやっている。ずーっと気になる存在だ。

話は、父親との確執を抱えた男が、事故をきっかけに父親がまだ結婚する前の時代へとタイムスリップし、同世代の父親と共に過ごしながら父親の実像へと触れていき…というもの。大きなクライマックスも少なく、穏やかに話も進んでいき、落ち着いた作りで楽しめる。質も高い。

《乘风破浪》曝终极预告

それにしても、主演の邓超 (ダン・チャオ) は本当に忙しそうだ。美人鱼はじめ、いろんな映画でしょっちゅう目にする。今が俳優人生のピークなんではなかろうか。

タイトルにもなっていて、劇中でも歌われる「乘风破浪歌」はさだまさし「関白宣言」の中国語版だそうな。しかも今回は韩寒みずからが作詞をしている。

「男子汉宣言之《乘风破浪歌》」というのが正式名なんだろうか。「関白宣言」は中国漫才”相声”の定番ネタにもなっているようだ。もちろんさだまさしのがオリジナルなんだろうが、歌詞がネタなのかタイトルだけなのか、一度聞いてみたい。

冒頭と後半に、やはりラリーやドリフトのシーンが出てくる。当然所属していた/いるスバル・ラリーチーム・チャイナのWRX STi。しかも、タイムスリップ場面ではちゃんとインプになっていて、90年代に時代考証も揃えている(笑)

 

5. 「嫌疑人X的献身」

言わずと知れた東野圭吾の大ヒット作品「容疑者Xの献身」の中国版である。2012年の韓国版に続き今年の4月公開となった。監督はあの「左耳」の、歌手で俳優でもある苏有朋 (アレック・スー) だ。

しかし、実際にはかなり手堅い方向でのリメイクになっていて興味深かった。福山雅治や柴咲コウが彩りコメディ要素も混じっていた日本版からすると、非常に「暗い」映画になっていた(笑)
俳優も、王凯(ワン・カイ)张鲁一(チャン・ルーイー)という2人が主演なのだが僕は知らなかった。特に张鲁一はドラマで有名らしい。

この映画の車両はBYD (比亚迪) というメーカーがスポンサーなのだが、そのせいで同社が誇る”車庫出し”機能をさりげなく盛り込んでいて面白い。僕は知らなかったので、えええ???と映画そっちのけで気になってしまったものだ(笑)
全新速锐 比亚迪汽车 (速锐がモデル名である。)

ここより

初めての中国、初めての深圳4

深圳では、とにかくこのレンタサイクルが大量に走っていた。

Bluegogo 小蓝单车 (小藍単車), Ofo 共享单车(共享単車), Mobike 摩拜单车(摩拜単車)、皆有名なレンタサイクルブランドである。

ハンドルの中央にQRコードがある。これを微信 (WeChat、ウィーチャット)に読ませると、使用開始となる。

使用料は30分で1元(16円)と安い!使い終わったらどこでもロックをかけたら使用完了だ。車載のGPSでブランドはどこに自転車があるのか把握できている。

こんなタイプのレンタサイクルもあった。

これも同様に微信で支払いを行うことが前提となっている(地下鉄のカードも使用可)。このインフラの進み具合は素晴らしいと言う他ない。

一方でこちらも大量に走り回っていた。電動バイクである。

これの驚きは、完全に無音で走ることだ。後ろからいきなりすり抜けてくる。

しかも大量に走っている…これは結構危険だぞ…

微信の普及はケータリングというか、出前の発展も後押ししていて、そこでも電動バイクは大量に使われている。

(※この写真、右側に何気なくテスラのモデルXが写っている。初めて見た…)

この美团外卖(美団外売)も出前チェーン。

もちろん百度 Baiduも出前サービス、やってる。

ちなみに微信のモバイル決済機能(理财通、理財通)は、駅にもこんなに大きな広告が。女優は刘涛で歌手であるらしい。

鉄道では、新幹線を目撃した。中国高速铁路 (中国高速鉄路、CRH) の和谐号(和諧号)CRH1A型だろうか。ボンバルディアのライセンス品。

錦繍中華ではモノレールを見かけた。園内だけでなく、ホテルかどこかへと連絡用になっているようだ。

自動車は、実はあまり中国車を見かけなかった。意外だし、楽しみにしてたのになぁ…
深圳だけかもしれないが、多くが欧州車か日本車で占められており、まだまだ中国車は3割程度という印象であった。

これはBYD(比亚迪、比亜迪)の唐100という現行モデル。

なんとCMをディカプリオが演っている!

これは…不明。

これは广汽集团(広汽集団)の传祺(Chuán qí)GA5という1.6Lセダン。

BYD (比亚迪) のE6という電気自動車。

このミニバンは华晨汽车集团(華晨汽車、Brilliance Auto) が金杯 (Jīnbēi) というブランドで出している中华(中華)V3というモデル。

これは恐らく上汽通用五菱汽車の宝駿(Bǎo jùn)ブランドのミニバン。

これも同じ上汽通用五菱の五菱荣光V(Wǔlíng róngguāng V)という現行モデル。

この三菱グランディスそのままのモデルは东风风行 (東風風行、FX Auto) という东风汽车(東風汽車)の子会社による三菱のライセンス品。名前は景逸 (Jǐngyì)という。

上汽通用汽车 (上汽通用, SAIC-GM) が製造していたビュイック (别克, Biékè) のGL8というミニバン。ポンティアック・モンタナがベース。

东风雪铁龙 (東風雪鉄龍、Dongfeng Citroen) が製造している全新爱丽舍(全新愛麗舎、Quánxīn àilìshè)ことシトロエンのC-Elysée。プジョー版の301ともども中国ほか新興国中心に販売されている。

バスはさすがに中国メーカーの独壇場といったところ。これはトップシェアの金龙客车(King Long、金龍客車)

こちらは2位になる宇通客车(Yutong Bus, 宇通客車)の、おそらくはZK6119H5 旅游版だろうか。

こちらも金龍だが、別会社となる苏州金龙(蘇州金龍)で、ブランドはHIGERとなる。

これも宇通客车の、路線バス。このモデルの4つ目ライトは特徴的。

中国では現代Hyundaiのマイクロバスも販売されているようだ。Countyという名前で、この顔は2008年からの現行モデル。

最後のおまけ。香港空港で見かけた警備トラック。三菱ふそうのキャンターベースのようだが、低い全高が特徴的。

このGuardforceという企業は香港、マカオでは有名な警備会社のようで、このタイプのトラックを長年使って市内でも普通に走り回っているようだ。だから、他のワンボックス並の全高に抑えているのかもしれない。おそらく2m少々程度。