春节快乐

1月28日は旧正月こと、春節。今年は酉年、という事でこういう画像を送り合って年賀状がわりに。

img_4852
とはいえ、こういう画像を送るのは今や中高年がメインだそうで。若い世代は微信紅包での”電信お年玉”が主流だそうな。(最近は金額が88元とかから888元など、桁が上がりつつあって大変だとかなんとか…)

さて、今回出張が春節に重なったので、初めていろんな”お正月”イベントを体験する事ができた。もう、圧倒的である。こちらまで幸せな気持ちになれた。

“大晦日”はジャカルタにいた。祝日に指定されているこの地でも、色々とそれらしい雰囲気が多くはないが見られる。例えばデパート。
bimg_4845
資生堂も春節対応。

SK-IIも限定パッケージを発売していた。自分でも購買欲をそそるデザイン。
bimg_4847

スーパーでも大量の”お正月用品コーナー”を用意している。これはミカン(蜜桔)で、「春节食福桔」と言い”吉を食べる”という意味をかけて、広東や中国南部での正月用品の定番となっている。
bimg_4858
このジャカルタやシンガポールでも、これを見るとここも南方の中国系文化の一部なのだと認識できる。

“大晦日”はこうして家族で食事をするそうな。ホテルにもたくさんの家族が来ていた。
bimg_4862
手前には年糕(ニェンガオ)が切られている。これは黒砂糖風味の餅で、餅というかういろうっぽい食感なのだが、「年年高高」(ニェンニェンガオガオ、年々運気上昇)とかけて、中国南部で食べる。ただ、こんな色や大きさのものはほぼシンガポール周辺のみのようだ。

シンガポール、中華街では正月グッズ販売で大盛況。
bimg_4726

肉干(バクワ)っていう定番の板状ビーフジャーキーも、春節には棒状だったりいろんな形でお正月用品として売られている。右のは…姿干しではないか…
bimg_4721

今年は酉年、という事で至るところに鶏グッズが。
bimg_4719

 


 

そして春节来了。
bimg_4828

シンガ、中華街の真ん中には巨大な鶏が!4階建てくらいの高さがある。
bimg_4893

反対側にもこんなゲートが。「牛车水」は中華街の本来の地名だ。
bimg_4897

デパートも、こんな飾りつけ。
bimg_4891

yuehwa

bimg_4890

実際のところ、春節元日は人出は少ない。目にするのはほとんどが観光客である。ほとんどの地元民な方々は家でゆっくり家族と過ごしてるんだろう。
bimg_4894

それか、こんなお寺(佛牙寺龍華院)に来てお参りか。
bimg_4879

bimg_4878

獅子舞も見たかったな♪
bimg_4885

ホーカーズという屋台でも、正月料理が出ていた。鱼生(ユーシェン)は刺身サラダで、余裕の余(ユー)とかけている。
bimg_4886
「捞起(ローヘイ )」と言い、願い事を言いながら豪快に落として混ぜて食べるんだって。

 

———————————–

 

お正月イベント”春到河畔(リバー・ホンバオ)“のある、マリーナベイのフロートに行ってみた。これが、凄かった!
hongbao

巨大な鶏がお出迎え。大変な人出!
bimg_4965

こんな風に大量のお店も出店中。
bimg_4908

超巨大なランタンがそびえ立つ。これは財神という富の神様だ。
bimg_4919

こっちは鶏。観客席を覆うように設置されている。
bimg_4921

他にも数十のランタンが、マリーナベイサンズをバックに並んでいる。
bimg_4922
それにしても人でごった返している。数万人規模。

イベントもずーっと開催してたり。
bimg_4925

bimg_4956

8時になると、大音響で花火が始まった!すぐ側で大量の花火のつるべ落とし!これが本物の春節かっっ!!
bimg_4938
これが”大晦日”であれば、更に豪勢なものだったのかと思うと…圧倒的であった。大満足。

———————————–

この日の街なかでは、赤い服を来た子どもたちもたくさん見かけた。
bimg_4881

bimg_4882

bimg_4901

広告

偶然, good situation

階段を、上がったり下がったり。前に進んでいるようで、気づいたら後ろにいたり。出会ったと思ったら別れたり。結局たったひとりだったり。
bimg-039

**

ある日、道路の先に虹を見つけた。
bimg-011

何を求めて走ってきたのだろう。
bimg-008

そんな風に思う日だってある。
永遠に続くような気がしてうんざりする事もある。

**

以前から見つけていた”留学生の家”という店が遂に開店していた。突撃だ。妙齢の女性が1人で切り盛りする、適度な品数でとても誠実そうなお店であった。
bimg-007

薦められた肉まんを早速食べてみる。手軽に美味い。
bimg-002

ある日はこんなの。ぶ厚めのチップス様なえびせんに、甘くて辛いピーナッツソースをつけて食べる。
bimg-032

材料はこれ。ピーナッツソースは湯で薄める。
bimg-054

えびせんは、最初硬くて薄い板を揚げると、一瞬で驚くほど膨らんで出来上がるんだぜ!
bimg-033

巴淡岛(バタム島)

今、シンガポールはHazeと呼ばれる煙害が酷い。インドネシアからやって来るこの煙のせいでこんな日が続いていた。

bimg-270

シンガポールからほど近い、バタム島へ向かう。近いけれどインドネシアなのだ。わずか1時間だけど入管を越え、時差も越える。
bimg-264

そうして国境を越えると、まさしく異世界だった。まさにインドネシア。
bimg-235

名古屋という名の場所があるのである(笑) あ、ナゴヤね(笑)
bimg-232

bimg-218

bimg-216

そうしてまた、時差も世界線も越えて元の世界へと帰ってくる。物欲も人いきれもいっぱいの都市へ。
bimg-213

———————————————————————–

中華ちまき。こっちは辛い。
bimg-263

こっちは甘い。
bimg-261

連れてきてもらった小籠包のお店は、有名らしい。
bimg-258

排骨麺。別皿で食べるのが良い、らしい。
bimg-253

個人的にはこれが一番美味しかった。ナツメ、Dates、枣など呼び名は色々だが、それに餅を挟んでいる。
bimg-254

これは何と呼ぶんだったか、毛のように仕上げた乾燥肉を載せたパン。この”毛”結構そこらで売っている。肉のエキスがじわっと出てきて美味しい。
bimg-247

バタムで食べたローカルフード。韓国のナムルよろしく小皿に色々な料理がどんどん並べられる。スラバヤのローカルフードとも違い、とにかく辛さが先に立つ。
bimg-245

好みはスラバヤだったけど、この方式自体はインドネシア共通だね。
bimg-243

これまたシンガにて。とても美味しいローストチキンにローストプローン(海老)。
bimg-206

そしてそして、シンガといえばドリアンである。今回知ったのだが、ドリアンは夏の数ヶ月だけしか販売されていないそうだ。なので今回はどこにもその姿を見ることは無かったのだが、こんな姿でドリアンに出会った。ワッフルの上に載ったドリアンムース。
bimg-203
これが美味いのだ!
確かに匂いは最初気にはなる。でも、このクリーミーな味と舌触りに持っていかれる。ドリアン、そろそろクリアできそうだよ!

コレクション

インドネシアの食べ物&飲み物、それに幾つかのクルマたち。

ジャカルタの中華料理屋では、こんな蒸鶏が名物だそうだ。
b2015-10-07-12.14.20
黄色なのはターメリックかな?少し香りがあって、独特の雰囲気になっている。
他にも”尾頭付き”の鶏があるみたいだけど…(笑)

薄く醤油で味付けされた蒸し魚も、ぷりぷりで美味しい。
b2015-10-07-12.13.48

薦められた蛤のような貝。ニンニクを載せて食べる。
b2015-10-07-12.24.49

その夜も、改めて中華。軽めに幾つか食べた。
b2015-10-07-17.47.50
実はここ、隣にあのSong Fa Bak Kut Tehがある!インドネシアでもあれが食べれるのが感慨深い。

腸粉!
b2015-10-07-17.55.56

街の屋台でEs Kopi(アイスコーヒー)を買った。40円位?クッサイ…残念である(笑)
b2015-10-08-13.19.09

インドネシアといえばビンタン・ビール。
b2015-10-08-17.35.50

ここまで全然食べられなかったのでリクエストして連れてきてもらったローカルフードの店。
b2015-10-09-12.42.05
名前はよくわからないが、ピーナッツを使っているのが多い。

炒めたり茹でたりした肉や野菜に、甘辛いソースをかけるのが主流。
b2015-10-09-12.42.10

甘辛いと言っても、どちらも日本よりもっと甘くてもっと辛い。でもちょうどバランスされていて美味しいんだな。
b2015-10-09-12.42.17

これはアイスクリームだ。柿みたいな味と食感のフルーツなんかが入っていて、香りが特徴的。
b2015-10-09-13.21.14

左のライチの飲み物は、マレーシアでも見たブランド。パンダデザインが秀逸な缶はゼリーの入った中華系のよくある飲み物。
b2015-10-09-09.38.12

牛のテールスープもまた、名物だそうだ。味は…まあ洋風のそれと似ている感じ。日本のと同じようなネギが入っている。
b2015-10-09-20.40.03

現地で一番よく見るコンビニで買ったお茶は、やっぱり甘かった。
b2015-10-10-08.30.28

セマランの街で散々歩き回った後にようやく見つけたのが、Mie(麺)の店である。お客さんも多いので、大丈夫だろうと入ってみた。
b2015-10-10-13.57.38

店の娘らしい子供が暇そうに厨房で遊んでいる(笑)
b2015-10-10-13.42.12

何が何かわからないが、Mie(麺)とgorengでナシゴレンチックなんだろうと勝手に当たりをつけて上から2番めのを注文。ちなみにここではメモに書いて注文する。160円だ。
b2015-10-10-13.40.15

出てきたのはこれ。さつま揚げにチキンとほうれん草っぽいのが載った麺。悪くない。大満足である。
b2015-10-10-13.47.10

セマランの空港では、なんだか人が集まっているお店を見つけた。しかし、メニューも無い。
b2015-10-10-17.37.56

メロンパン?っぽいパン。焼きたてをくれるので、とっても香ばしく美味い。100円位だったかな。
b2015-10-10-17.40.57

——————————————

面白いクルマたち。

ジャカルタの街にはこんな乗り合いタクシーがよく走っている。ドアが無く、後ろに向かい合わせで乗る。
種車はマルチ・スズキの現行車だ。
b2015-10-08-13.14.08

セマランでクラシックに遭遇。フォード・コンサル。60年代だろう。こんなのもいるんだねえ。
b2015-10-09-16.55.12

復活したダットサンブランドのGOも少し走っていた。鳴り物入りだったが、その割には…という売れ行き通りの数だ。
b2015-10-10-09.04.19

時空の歪み

1日の滞在でまた移動。今度はセマランにやってきた。

久しぶりに乗った、小型機。ボンバルディアである。
b2015-10-09-16.41.48

まさに地方空港な、小さな小さな空港だ。昔は軍の基地だったそうである。
b2015-10-09-16.42.18
更にその前は、きっと日本軍が作ったんじゃないだろうか、と睨んでいる。

これは…ATR72かな。かっこいいヨーロッパデザイン。
b2015-10-09-16.42.28

仕事はその晩におしまい。後は1日ゆっくり過ごして帰るだけだ。

せっかくだし、未だインドネシアの何も見ていないし、朝から少し歩いてみることにした。
b2015-10-10-07.36.30
ここセマランは緑が多く、深い谷による高低差もあって表情豊かで素敵な街だ。

ほら、こんな具合。
b2015-10-10-07.45.56
ま、ゴミはこれでもまだマシなんである。インドネシアでは、ね。

ずんずんと歩く。朝9時頃の通勤時間帯、とてつもない量のバイクが襲ってくる。
b2015-10-10-07.54.45

幼稚園?小学校?の前。
b2015-10-10-08.04.36

——————————

ここでは、とにかく小鳥を飼っている家庭が多い。路地を入った住宅地では、皆軒先に鳥かごを吊るしている。文鳥っぽいのとか、オウムの類だとか。
b2015-10-10-08.09.02

こんな鳥屋さんの小店もあるし。
b2015-10-10-08.19.44

通りにはさえずりが響いていて、すーっと心が和む。
b2015-10-10-08.38.11

大きめの通りではクルマやバイクのけたたましさで埋め尽くされているが、一本路地へと足を踏み入れると…音が消える。
b2015-10-10-08.41.04
鳥かごがここにも見える。

猫や犬の扱いは決して良くはない。でも、ちゃんと生き延びている。
b2015-10-10-08.39.45

b2015-10-10-08.41.13

恒例のスーパー訪問。大量のパパイヤ!1個50円ってとこ。
b2015-10-10-09.12.34

サラック椰子という東南アジアに多いヤシの実、だそうだ。リンゴっぽい、らしい。実物はデカいライチみたい。
b2015-10-10-09.14.09

様々な青野菜。手前は空芯菜。虫の穴があっても気にしない。
b2015-10-10-09.15.47

様々な唐辛子。単純に数えても8種類!
b2015-10-10-09.16.10

様々な海老と海産物。島国なので天然物は安いのかな。海老は100g70~100円。しかしサーモンはなんと280円だ!
b2015-10-10-09.17.50

様々なお魚たち。見慣れない顔だと、ちょっと気持ち悪い…しかもあまり安くもないんだね。
b2015-10-10-09.18.01

こんな小魚も、1パック150円と下手すると日本より高いぞ。ここまで綺麗にパックしなくても良いよ…気持ち悪い(笑)
b2015-10-10-09.18.24

6kmほど歩いて、良い汗もかき、ホテル周辺まで帰ってきた。この辺りはこんなオシャレレストランもある。
b2015-10-10-09.48.24

b2015-10-10-09.49.44

———————————————-

お昼からは、昔の市街地周辺に来てみた。大戦前まではオランダ領なので、そんな植民地様式の街が残っている。
b2015-10-10-12.37.53
見ていると自然にモノクロ画像が立ち上る程、原型を保っている。しかし、これ程荒れていても住人はいる。

b2015-10-10-12.37.40

町の広場に集う少年少女。
b2015-10-10-12.29.39

b2015-10-10-12.38.03

b2015-10-10-12.38.43

駅前の池の周囲には、この暑さの中色んな人々が集っている。
b2015-10-10-12.40.40
単にやる事が無いだけっぽいけれども。

ジャカルタまで向かう列車、の駅。
b2015-10-10-12.47.48

良い雰囲気だ。
b2015-10-10-12.43.55

b2015-10-10-12.56.17

b2015-10-10-12.56.30

b2015-10-10-13.12.26

こんな街の裏路地では、闘鶏をやっていた。人が集まり、店も集まり、賑やかである。
b2015-10-10-13.01.54

b2015-10-10-13.10.05

b2015-10-10-13.10.39

もう少し歩き、住宅建材店のエリアのあたり。
b2015-10-10-13.18.53

バナナと子どもと母親。
b2015-10-10-13.20.39
こんな三輪自転車も、もはやノスタルジックな風景なのだろう。

b2015-10-10-14.00.21
汗だくで歩きまわった、セマラン市街探検であった。

さっき訪れた駅へと向かうのだろう列車に遭遇。
b2015-10-10-16.39.45-1

セマランの街は、古い雰囲気を色濃く残している。
戦時中の記憶も同じように色濃く、暑さもあって70年前にこの地にいた日本人の事を思い出さずにいられなかった。
本当に、タイムスリップしたような不思議な街であった。

埃の街

インドネシア出張から帰国。またまた初めての国である。

バリ、デンパサール空港で乗り換える。ちょうど夕暮れ時の良い時間に出くわした。
b2015-10-06-18.10.12

入管の内側、国の外側に入り込む猫だ。国籍不明猫。
b2015-10-06-18.12.28

そして、夜には混雑する街ジャカルタに到着した。もう初めてでもあまり心配もしないし、下調べもしていない。

で、朝起きて初めて周囲の状況を知る。なんだか予想以上に荒んでいるぞ…これ、スリランカ並ではないか。
b2015-10-07-06.56.50

しかし、そんな感慨も刹那に取引先へと向かう。交通渋滞が酷いらしいので、通常では30分見ておく距離でも1時間前に出る。
b2015-10-07-09.32.07
45分程度で到着できたが、確かに少しは酷いかな?という雰囲気。こういう土地柄だとバイクタクシーなんかが発達しそうなんだが、車のタクシーしか無い。地元民も困らないの?

重要で素晴らしいポイントは、ここではきちんと住所が定まっている事だ。それがナビやGoogleで検索できる。実はクアラルンプールでもバンコクでもこれができない。これって都市のインフラの一つで間違いないし、今後更に重要になってくるに違いないメリットだ。

大きな建物は幾つかあってもモールは少ないっぽい…”アイラブインドネシア”
b2015-10-07-14.43.09

この日は2件の訪問。
次の日は更に忙しさが増した。何より午後には次の街へと向かわねばならない。一人目のお客さんと話しながら次のお客さんの場所へと送ってもらい、時間を間に合わせた。
b2015-10-08-10.53.58
ローカルな店では英語が通じない、けど簡単な言葉でなんとか通じる。アイスコーヒーは”Es Kopi”。これだけしか話せないけど(笑) 100円位?

何しろバイクが多い。個人用ばかりだ。土がむき出しの場所も多く、土埃が結構立っている印象が残った。
b2015-10-08-11.04.37

b2015-10-08-11.04.41

この手の屋台も無数にある。バンコク以上に多い。揚げ物、煮物を供する店が多いのかな。
b2015-10-08-11.05.00

午後は別のエリアである。この通りは多数の修理工場、中古部品なんかの自動車関連が軒を連ねている。しかもかなりの店が零細レベルで、如何にも発展途上国的風景だ。
b2015-10-08-13.19.15

例えばこんな風に中古のドアミラーを磨いていたり。しかも屋台で、である。こんなんで1日の上がりはどの位なんだろう。売れるのか?
b2015-10-08-13.26.29

そんな感じでバタバタとジャカルタ滞在が終了。すぐさま空港へと向かう。

実はホテルの側にも鉄道が走っている。けど使えない、らしい。線路の方向も違うし、汚いし、だそうだ。その踏切を渡る。
b2015-10-08-16.13.25
車両は元東京の地下鉄、営団6000系である。いつか試してみたいなあ。

待ち合わせの際に地元の新聞を見ていたら、こんな広告を発見。日本へのツアーである。三重と和歌山とか、マニアックじゃないか!
b2015-10-08-13.44.43
和歌山を含む8日間のツアーは26万円である。とはいえ、東京も富士山も京都も金沢も大阪も計10ヶ所も行くという、超盛り沢山な内容だ。疲れそう…

そして、次の街スラバヤへ。この街も一泊だけで次の日にはスマランへと向かった。
ここも充分以上に大きな都市だが、ホテルの前には若者たちがたむろしていた。なんだかどこかの田舎町にいるような、そんな暖かい気持ちになるんだな。
b2015-10-08-23.02.47