タイガー・ビール工場見学 in シンガポール

シンガポールを代表するビールといえば、なんといってもこのタイガー・ビールである。
南国らしいすっきりした飲みくちで、僕も勿論大好きだ。

そのタイガーのビール工場がシンガポール国内にあり、行ってきた。

シンガポールと行っても外れである。MTRの終点、Joo Koon駅からさらに15分ほどバスに乗り、マレーシアの国境となる島の端にある。

公式サイトから予約をしたら、支払いもすべておしまい。
しかし、僕は予約時間に遅れてしまい、見学はほとんどできず…
まあ良いのだ。目的は別にあるのだから!

見学はおよそ40分程度で、(おそらく)製造工程も見れて、タイガー・ビールの歴史も垣間見ることができる。ラベルデザインの変遷。

昔のロゴデザインも十二分に素敵だ。

ポップである。

英語、中国語、マレー語が併記されたポスター。80年代らしいCMを見ながら、味わい深いポスターを見る。

工場見学の最大の目的はこれである!タイガー・ビール・オリジナルジョッキ!街でタイガーをオーダーしても出て来る、あのジョッキが手に入るのはこの工場見学でのみ、なのである。このロゴがカワイイので前から密かに欲しい欲しいと思っていたのだ。

たしか、2個セットで2000円弱…だったと思う。

工場から遠路はるばる帰ってきたら、近所の中華料理屋でまたタイガー・ビール。ついでに買った栓抜きと。

ちなみにタイガーは今、このラドラー・シリーズに力を入れていて、今回はレッドグレープフルーツ味が登場していた。以前はレモン味で、どちらもアルコール度数は2%と低めに抑えてある。どちらも美味い。

広告

シンガポールにもシェア自転車が台頭。

先日、深圳に行った際に感銘を受けたシェア自転車の台頭。それがシンガポールにも広まっていた!

深圳でもシェアが大きかったofoや、

mobikeもあるが数は少ない。

 

最も普及しているのは、シンガポール資本であるoBike
2017年1月に営業開始で、半年後で既にこの感じだからあっという間に普及したと言えるだろう。4月には台湾でもサービスを開始したようだ。

少し郊外の駅(ここはMRT Boon Lay駅だっただろうか)では、出口にこの通り、大量にoBikeが溢れている。中心部でもたくさん存在していて、使用に困ることはない。

という事で、ものは試しとoBikeをシェアしてみることにした。

 

アプリをダウンロードし、支払い方法を登録する。
この支払い方法登録の際、mobikeなどのキャリアはシンガポール(か中国)の電話番号を求められるから注意が必要だ。それらのシェア自転車キャリアも試したが、僕のような現地の番号を持たない旅行者などの場合、使えるのは結局このoBikeだけという結果になった。
oBikeはクレジットカードの支払いが可能だ。デポジットが最初に50SGD取られるので注意。

oBike―自転車シェアリング

oBike―自転車シェアリング
無料
posted with アプリーチ

 

それらが終わると、画面上に自転車達が表示される。中心部のBugisエリアでもこのようなレベルで簡単に見つかる。
自転車のマーカーに触れればその自転車を「予約」もできるが、意外に場所がズレていたり見つけるのが面倒くさい時もあり、僕はまず見つける事を優先して使わなかった。

 

裏道にあるという事で行ってみると、食堂の裏に従業員用にまぎれるように置かれていた。通勤で使っているのだろうか(笑)
ともあれ、後輪にあるこのQRコードをスキャンする。

そうすると「ピー」と音がして、この鍵がガチャンと自動で外れてスタート準備完了。時々、自転車の調子が悪いこともあるので乗り始めには注意!

では出発!15分は無料である。

13分乗ってアラブストリート辺りで乗り捨てる。歩道に同じようなoBikeがあったので、その横に停めて鍵を下ろしたら、また「ピー」。これで体験は終了だ。めちゃくちゃ手軽である。

 

この後なんども乗ったのだが、便利さは間違いない。現状、場所によっては多少迷惑になるかもしれない具合だが、日本では確実に問題化するだろうから、この折り合いがどうやってつけられるかが、日本での普及のハードルだろう。

 

また、シンガポールの場合街の中心部で乗るのは若干注意が必要だ。歩道がきちんと整備されていなかったり、歩道まで飲食店の椅子やテーブルが並んでいたり、なにより歩行者が自転車にあまり意識がない。自転車の量が少ないのでほとんどの人が気に留めて歩いていないのだろう。使うには少し離れたエリアの方が気楽で楽しい。

 

しかしこのoBike、一度トラブルもあった。急いでいた時に「ピー」という終了の音を聞いたか微妙なタイミングで、そのままやってきたバスに乗り込んだ。どうもスマホと通信が取れなくなって終了確認が終わらなくなったらしく、課金が止まらない。どんどん課金されていく中、また自転車まで戻ってきたら、ある程度近づいた瞬間あの「ピー」音が響き、無課金になって終了となった。必ずスマホまで確認して乗り捨てることが大事である。

春节快乐

1月28日は旧正月こと、春節。今年は酉年、という事でこういう画像を送り合って年賀状がわりに。

img_4852
とはいえ、こういう画像を送るのは今や中高年がメインだそうで。若い世代は微信紅包での”電信お年玉”が主流だそうな。(最近は金額が88元とかから888元など、桁が上がりつつあって大変だとかなんとか…)

さて、今回出張が春節に重なったので、初めていろんな”お正月”イベントを体験する事ができた。もう、圧倒的である。こちらまで幸せな気持ちになれた。

“大晦日”はジャカルタにいた。祝日に指定されているこの地でも、色々とそれらしい雰囲気が多くはないが見られる。例えばデパート。
bimg_4845
資生堂も春節対応。

SK-IIも限定パッケージを発売していた。自分でも購買欲をそそるデザイン。
bimg_4847

スーパーでも大量の”お正月用品コーナー”を用意している。これはミカン(蜜桔)で、「春节食福桔」と言い”吉を食べる”という意味をかけて、広東や中国南部での正月用品の定番となっている。
bimg_4858
このジャカルタやシンガポールでも、これを見るとここも南方の中国系文化の一部なのだと認識できる。

“大晦日”はこうして家族で食事をするそうな。ホテルにもたくさんの家族が来ていた。
bimg_4862
手前には年糕(ニェンガオ)が切られている。これは黒砂糖風味の餅で、餅というかういろうっぽい食感なのだが、「年年高高」(ニェンニェンガオガオ、年々運気上昇)とかけて、中国南部で食べる。ただ、こんな色や大きさのものはほぼシンガポール周辺のみのようだ。

シンガポール、中華街では正月グッズ販売で大盛況。
bimg_4726

肉干(バクワ)っていう定番の板状ビーフジャーキーも、春節には棒状だったりいろんな形でお正月用品として売られている。右のは…姿干しではないか…
bimg_4721

今年は酉年、という事で至るところに鶏グッズが。
bimg_4719

 


 

そして春节来了。
bimg_4828

シンガ、中華街の真ん中には巨大な鶏が!4階建てくらいの高さがある。
bimg_4893

反対側にもこんなゲートが。「牛车水」は中華街の本来の地名だ。
bimg_4897

デパートも、こんな飾りつけ。
bimg_4891

yuehwa

bimg_4890

実際のところ、春節元日は人出は少ない。目にするのはほとんどが観光客である。ほとんどの地元民な方々は家でゆっくり家族と過ごしてるんだろう。
bimg_4894

それか、こんなお寺(佛牙寺龍華院)に来てお参りか。
bimg_4879

bimg_4878

獅子舞も見たかったな♪
bimg_4885

ホーカーズという屋台でも、正月料理が出ていた。鱼生(ユーシェン)は刺身サラダで、余裕の余(ユー)とかけている。
bimg_4886
「捞起(ローヘイ )」と言い、願い事を言いながら豪快に落として混ぜて食べるんだって。

 

———————————–

 

お正月イベント”春到河畔(リバー・ホンバオ)“のある、マリーナベイのフロートに行ってみた。これが、凄かった!
hongbao

巨大な鶏がお出迎え。大変な人出!
bimg_4965

こんな風に大量のお店も出店中。
bimg_4908

超巨大なランタンがそびえ立つ。これは財神という富の神様だ。
bimg_4919

こっちは鶏。観客席を覆うように設置されている。
bimg_4921

他にも数十のランタンが、マリーナベイサンズをバックに並んでいる。
bimg_4922
それにしても人でごった返している。数万人規模。

イベントもずーっと開催してたり。
bimg_4925

bimg_4956

8時になると、大音響で花火が始まった!すぐ側で大量の花火のつるべ落とし!これが本物の春節かっっ!!
bimg_4938
これが”大晦日”であれば、更に豪勢なものだったのかと思うと…圧倒的であった。大満足。

———————————–

この日の街なかでは、赤い服を来た子どもたちもたくさん見かけた。
bimg_4881

bimg_4882

bimg_4901

日本人におすすめ

今週15日は中秋節であった。

シンガポールでお土産…と言ってたときも、当然これだよ!と月饼を勧められた。
bimg_2570

とっても豪華な箱に入った、シンガポールの老舗店のもの。
bimg_2569
4つの味を選んでもらった。1. 蓮容餡(莲蓉馅、れんようあん)、2. 班兰椰糖(バンランイェータン、パンダン・ココナッツの緑餡)、3. 伍仁(ウールェン、ナッツ5種(カシューナッツ・くるみ・ココナッツ・アーモンド・胡麻))、4. 黑芝白莲(ヘイズィ・バイリェン、黒胡麻&白餡)。
パンダンが入るのはシンガ的じゃないのかな?

ここより。
14368626_10154015957797857_231505291355897834_n

パンダンを切ってみると、ほら、キレイな緑色。10cmくらいもあるので1人ではヘビーだ。。。
bimg_2572

シンガではもう一つ、カヤジャムも買ってきた。前にクアラルンプールで買ったものより遥かに緑色が濃く、パンダンの香りもはっきりしている。クセになる味。
bimg_2578
個人的にはこっちのが好き。他には無い個性。

—————————————————————————

最近、伏見付近にリアル中国系の店を発見することが増えてきた。恐らく住民が増えているのだろう。

この”リア中”店も深草あたり。昼食時は中国人の若者たちでいっぱいだった。
bimg_2500
定番だろうと牛肉拉面を頼んだら、日本人には豚骨がおすすめだと。では、それを。

しかし、出てきたのは”とても日本ぽい”豚骨スープであった… いや、これ食べるならここには来ないから…
bimg_2501
気を利かせてくれて、逆に失敗。
何だか冷蔵庫から選んで、厨房で作ってもらうのもやってたので、ああいうのを是非いつか試したい。。。

当然だが、こんな店はネットなんかには情報ない。日本人には見えていない、別の世界線なのだ。
bimg_2502

—————————————————————————

ハタハタが安かった数日前、保存用に麺つゆに漬け込んで冷凍した。
bimg_2440

小腹が減ったら解凍して焼くだけ。4時間くらい漬けてたけど、しっかりと味がついていて素晴らしい仕上がり。
bimg_2571

ミシュラン

シンガポールで、土曜の朝だけの自由時間。

朝ごはんでも食べに行こう、とチャイナタウンのホーカーズに向かった。

土曜の朝のバス。

9月は中秋節なので、その飾りつけなのだろうか。

朝ごはん。
bIMG_2426

お粥、餅米の”糯米饭”と団子をロール状にした”猪肠粉”。どれも100円少々。
bIMG_2427
赤い部分は辛め、黒い部分は甘めなタレ。紙に巻いてある。

餅米は、塩茹でしたピーナッツと揚げ海老?が載せてある。美味い。
bIMG_2428

本当はここに来たかったのだよね。”世界一安価なミシュラン星獲得店”で最近ニュースになった了风香港油鸡饭面
bIMG_2423
土曜は朝8時半開店。しかし僕が着いた9時半には既に30人位は並んでいて諦めた…

このおじさんが良い味を出してる。黙々としかめっ面でコーヒーを作り続けている。
bIMG_2425

食べ物のオシャレなデザインはシンガポールの方が多い気がする。

これはオーツ麦ミルクことオートドリンク。低カロリー、コレステロールフリー、繊維質豊富で人気上昇中だそうで。500円くらい。
bIMG_2416

色んな油。ウォルナッツ、アボカド、アーモンドの油。700円とかで結構高いな。
bIMG_2420

これもミルク類。左からオートドリンク、ゴートミルクはヤギの乳で臭みがあるそうな。それに豆乳。
bIMG_2417

左側はオーガニックのナッツミックス。シリアルに入れたりするんかな。右が…スピルリナという藻の粉。抗酸化作用と他にも栄養豊富…云々かんぬん。ユーグレナ的な? 2700円。高ぇ!
bIMG_2419

こちらはミューズリー、オートミール類。オシャレ・ピーポー御用達食品らしいセンスの良さ。一箱1300円ですが…
bIMG_2418

タワービュー

スリランカ出張、最後の2日間はシンガポールに滞在。でも忙しかった。

泊まったホテルからは、なんとも凄い景色が広がっていた。
bIMG_9917
これは、F1の時はさぞかし絶景だろう。既に予約でいっぱいだろうけども。

夜はまた素晴らしい。マリーナベイサンズより、手前の通称ドリアンが美しい。
bIMG_9924
本当に申し訳ないくらい、仕事しかしてなかったのだけれど…

その地下のモール内にある台湾料理の鼎泰豊(Din Tai Fung)で食べたのは…チョコの小籠包。
bIMG_9921
普通に美味しい。チョコの部分は、ブラウニーみたいにケーキに似た食感。これは日本でも十分流行るよ。

巴淡岛(バタム島)

今、シンガポールはHazeと呼ばれる煙害が酷い。インドネシアからやって来るこの煙のせいでこんな日が続いていた。

bimg-270

シンガポールからほど近い、バタム島へ向かう。近いけれどインドネシアなのだ。わずか1時間だけど入管を越え、時差も越える。
bimg-264

そうして国境を越えると、まさしく異世界だった。まさにインドネシア。
bimg-235

名古屋という名の場所があるのである(笑) あ、ナゴヤね(笑)
bimg-232

bimg-218

bimg-216

そうしてまた、時差も世界線も越えて元の世界へと帰ってくる。物欲も人いきれもいっぱいの都市へ。
bimg-213

———————————————————————–

中華ちまき。こっちは辛い。
bimg-263

こっちは甘い。
bimg-261

連れてきてもらった小籠包のお店は、有名らしい。
bimg-258

排骨麺。別皿で食べるのが良い、らしい。
bimg-253

個人的にはこれが一番美味しかった。ナツメ、Dates、枣など呼び名は色々だが、それに餅を挟んでいる。
bimg-254

これは何と呼ぶんだったか、毛のように仕上げた乾燥肉を載せたパン。この”毛”結構そこらで売っている。肉のエキスがじわっと出てきて美味しい。
bimg-247

バタムで食べたローカルフード。韓国のナムルよろしく小皿に色々な料理がどんどん並べられる。スラバヤのローカルフードとも違い、とにかく辛さが先に立つ。
bimg-245

好みはスラバヤだったけど、この方式自体はインドネシア共通だね。
bimg-243

これまたシンガにて。とても美味しいローストチキンにローストプローン(海老)。
bimg-206

そしてそして、シンガといえばドリアンである。今回知ったのだが、ドリアンは夏の数ヶ月だけしか販売されていないそうだ。なので今回はどこにもその姿を見ることは無かったのだが、こんな姿でドリアンに出会った。ワッフルの上に載ったドリアンムース。
bimg-203
これが美味いのだ!
確かに匂いは最初気にはなる。でも、このクリーミーな味と舌触りに持っていかれる。ドリアン、そろそろクリアできそうだよ!