洗濯機を分解清掃する

長年にわたって使い続けてきた洗濯機。恥ずかしながら早10年弱、一度も掃除らしい掃除なんかしてこなかった。

ところが…最近洗濯するとゴミがつく…せっかく洗ったのに、なんじゃこれは??と思ってたが(笑)

どうやらこれは機械そのものに付いたゴミなんじゃね??

という訳で、おっとり刀で洗濯機の掃除について調べるけれども、どうもこの種の汚れを想定した掃除法じゃない気がする。。。ちゃんと中の中まで掃除しないとヤバイんじゃないか?

という事で、分解していく他ないと決断した。

機種はサンヨー製のASW-T1というものだが、当然メーカーでも検索でも出てこないくらい古い(笑) 下手すると20年前らしいとな…

しかし、とりあえずは上蓋とセットになっている操作パネル部を外す。洗濯槽の上部の洗剤投入部も、どちらもネジだけで外していける。

底のフィン部はちょっと外れにくい。吊り天井みたいになっていて力がかかりにくいので、舐めないように注意しつつ、一度締める方に回してから一気に押し回したら外れた。

更にもう4本のネジを外して、ついに外れた洗濯槽。カビというか汚れでドロドロだ…

それよりも更に外枠の方が汚れにまみれている…いやあさすがに酷い…

デッキブラシでひたすらこすり落としていく。この汚れ自体は残った洗剤分が主なんであろう。こすれば落ちていく。

という訳で、無事に綺麗になった、はず。

洗濯槽も同じく。ただ、実はこの洗濯槽は二重構造になっていてそこも外さないと汚れは落としきったとは言えない。自分は面倒なのでしなかったが、後でそこからじわじわと汚れが溢れてくる事になる。

少なくとも見た目は綺麗になった。

何度か空洗いをして、出てくる汚れをすくっていく。無事に掃除できたみたいだ。

広告

桜を見るなら奈良がいい

今頃になってしまったけれど、一応…

今年の桜はいつもと違う場所で見ることになった。
一ヶ所目は奈良に向かう途中、JR玉水駅そばにある玉川堤。

ちょうどさくらまつりをやっていて、たくさんの人で賑わっていた。さすが人気スポットだけあって、素晴らしい桜並木。

しかし、奈良はもっと素晴らしい。
佐保川沿いには桜並木があり、新大宮あたりではそれなりに人の賑わいもあるのだが、並木は延々と続いていき更に下っていくと人もほとんどいなくなってくる。東九条あたりまで来ると、こんなに素晴らしい並木を存分に楽しめる。

もちろん奈良に住んでいた頃にはここには来なかった(笑) でも、京都の桜での人混みに馴染んでしまうと、この人の少なさは驚異的だ(笑) 

もったいない!

祖母の日常

祖母が亡くなった。
95歳の生涯で、直前まで意識もはっきりとしていて、まさに大往生であった。

葬儀を済ませ、その数日後にこの本を読んだ。
驚きの介護民俗学 (シリーズ ケアをひらく) 六車 由実
bimg_5311

この本はつまり、お年寄りの話をどう聞くかという事で、僕らのような民俗学が好きなものには膝を打つような世界へと誘ってくれる。
そして、僕はお正月に祖母にも同じように話を聞こうとしていたのだった。

それは、映画「この世界の片隅に」を見たからであった。
konosekai-titleimg

この映画は呉と広島の物語だ。竹原に育った祖母の故郷の話である。主人公のすずさんは、現実なら今91歳。祖母とほぼおなじ時代を生きていた人の物語なのである。そんな自分が祖母を重ねずにこの映画を見ずにいられようか。

あの映画を見た後、さらに祖母にとっての「あの時代」を聞きたくなり、お正月に帰ったときにも色々と話をせがんだのであった。体調は良くはなかったと思うけれど、楽しそうに話してくれたんだ。
例えば、
京都の醤油問屋に奉公に出たこと。
胆石が治らずに、四国の胆石専門の療養所へ入院したこと。
以前にも聞いた毒ガスの話も聞いた。

あの頃にも生活があり、僕らと同じように祖母やすずさんも笑ったり歯を食いしばって頑張ったり、いろんな日々を過ごしていきながら今へと繋がっていたのだ。

美味いものめぐり

バレンタインデーだからか、奈良に行った時にチョコレートケーキを買ってみた。

名店の名物、ガトー・ド・ボワのアンブロワジー。地元の名店ながら、初めて食べた。
bimg_5165
美しく、なによりとても美味い。しっとりとして、洋酒感がじんわりと濃厚に味わえる。

奈良ではこんなものも試してみた。鹿サイダーは柿酢が入っているらしく、柿の香りで美味しかった。奈良クラブサイダーは真っ当なサイダー(笑)
bimg_5158

聖護院にあるブラウニーブレッド&ベーグルズ。元は北大路にあり、その頃も美味しかった。
bimg_5307

チーズが美味しい。もちろんベーグルは言わずもなが。
bimg_5312

その近所にある定食屋さん、はとや
bimg_5309

ケースから2品を選び、味噌汁やら粕汁やらを選択して、これで700円。意外と少ないこのタイプの定食屋で、のんびりした雰囲気ともども気軽に入れる。粕汁が、すごく良い味を出していた。
bimg_5308

本物の中華鍋

遂に、中華鍋を買ってしまった。

bimg_5197
山田工業所 鉄 打出片手中華鍋(板厚1.2mm) 30cm若林工業 鉄製 中華お玉 小である。

中華鍋ならば山田工業所だ、というのは聞いたことがあったが、これを見て遂にポチッとしてしまった。
タモリ倶楽部 2010 09 17 「中華街のシェフも大絶賛!山田工業所の中華鍋を手に入れよう」

プレスでなく、打ち出しで作る中華鍋は全国でも山田工業所だけらしい。だからこその”横浜中華街でのシェア8割”の評価。

届いた当初は、こんな具合に防錆塗料でツヤツヤである。打ち出しの模様が美しく広がっているよ。
bimg_5198

このままでは使えないので、焼入れしていく。
bimg_5210

10分以上火入れしていくと、こんな具合に色が変わっていき、更に全体を満遍なく火入れしていく。
bimg_5209

40分程度はかかっただろうか。無事に完成。鈍いツヤに変わる。更に油を馴染ませたらクズ野菜で炒め、冷ましてから裏にも油を塗って最終形になった。
bimg_5211

今まで使っていた中華鍋(結婚式のカタログギフトで手に入れたモノ)から比べたら、とても軽いし、なによりも火の回りがとっても早い!
※使用後は、洗って水を拭き取るだけというのが多いようだが、僕は拭かずに一度空焼きで水を飛ばし、冷ましてから片付けている。拭き取りも不要で錆びない。

とりあえず麻婆茄子を作ってみた。
・家庭用にはもう1サイズ小さめでも良いかも。
・最初なので返しの要領が違って戸惑う。
・お玉の長さ&重さにも戸惑う
・柄が鉄製のものにしたので、布巾で持つのも戸惑う。軽いからいいけどね。

しかししかし、美味くできた。やっぱりええわぁ♪
bimg_5212

東京にて。

夕暮れにそびえ立つガンダム。

bimg_4474

東京出張で、お台場まで見に行ってきた。
4月5日までで無くなると聞いたので。

bimg_4481
たくさんの人々がいたが、全長18メートルって実はそれほど大きくないんだな。

夜は東急プラザ銀座にあるギリシャ料理店、The Apollo
bimg_4490

実はここ、呼ばれていったが事前に聞いたことがあった。オーストラリアのギリシャ料理店ということで、アレンジが効いたものが多い。特にヨーグルトソースの肉や焼きチーズなどなど。このサラダもフェタチーズを使っていた。
bimg_4494

サガナキチーズという名の料理は、ハチミツがかかっている。分厚いがあっさりめのケファログラヴィエラ・チーズとハチミツがかなりいい!
bimg_4489

今回は、面白そうなのでファーストキャビン赤坂という名のカプセルホテルに泊まってみた。少々ハイグレードなところで、内装も広めだし、機能を集約させた必要十分以上で良かった。大風呂もあるしね。
bimg_4504
泊まった感じは…やっぱりカプセルホテルなのは間違いないな、と。戸ではなくロールシートの戸締まりなので、音とかプライバシーとか、気になるところはあるし、アパ、東横インより3,000円ほど安価なの理由として、納得できるかどうかかな。

雪見散歩

また京都に雪が降った。今年はじめて。

bimg_4540

こんなに降ったのは、去年のお正月以来だろうか。
昨夜から降りはじめ、今朝起きたら外は真っ白。すわ、とりあえず外へ。

まだ朝の9時だからか、人気も少なく、すっきりと抜けた空で撮れた、出町デルタ。
bimg_4555

そこから、ふらふらと御所の方へと歩いてみた。
bimg_4563 bimg_4556 bimg_4606 bimg_4581 bimg_4603 bimg_4611

じょじょに子供たちに遭遇しはじめる。
bimg_4616 bimg_4619 bimg_4591

気づいたら2時間ほど歩いてくたくた、ポカポカの日曜朝。
bimg_4613

センター試験とか、女子駅伝とか色々影響受けた方々はご苦労様でございました。