スリランカ自動車図鑑2 (日本で見れないクルマ編)

今回スリランカで見かけたクルマたち。
中でも日本では見れないクルマをピックアップしてみた。

基本の基本、タタ・ナノ。現在もフェイスリフトしつつ販売している。

インドのマルチ・スズキ・アルト800だ。2014年からの比較的新しい現行モデル。

アルトの旧型で、こちらではアルトと名がつく前のマルチ・800だ。この2代目はなんと1986年からなんと2010年頃まで驚異の25年間も販売されていた名車である。タタ・ナノが出るまでは最廉価モデルであり続けた。

KIAの小型車、ピカント

マルチ・スズキのコンパクト・ハイトワゴン。MRワゴンをベースに作られたZen Estiloだ。1.1Lエンジンを搭載し2006~2009年まで販売された。

これも起亜の小型セダン、KIA Rio。この初代は2000-2006年に1.5Lエンジンを搭載していた。独創的なフロントフェイスがいい。

スリランカ・ブランドのセダン、Micro Emgrand 7は中国・吉利 (Geely)のブランド、帝豪 (Emgrand) EC7をスリランカ資本の販売網で販売している形をとる。

1.8Lの典型的な3ボックスセダン。

通りすがりに撮影したが…なんだろう。欧州車っぽいが特定できず…

サンヨン・コランドは韓国車。2.0Lターボディーゼルを積む、2011年からの現行型だ。

中国・東風小康 (东风小康、DFSK)によるDFSK Gloryは东风小康 风光の海外版モデル名。前回も見たが、時折見るくらいには売れている。

スリランカのバスでは2番めによく見るTATA 1510系のPadaviprapthi bus DM bodyという、少し違った顔を持つボディ。女性が追いかけてくるのを皆で乗せてあげている。

この真新しい観光バスは中国・山東省の中通客车 (Zhongtong Bus, 中通客車) 8m級モデルだ。ここでも中国製バスは珍しくなく宇通客车(Yutong Bus, 宇通客車)なども見るが、中通はあまり見ない。もちろん右ハンドル。

朽ち果てつつある、アショック・レイランド (Ashok Leyland)のタンクローリー。

これまた不思議な顔をしたトラック。いろいろ調べてもよくわからんままである…残念!

広告

インドネシアのクルマたち3 (トヨタ・ダイハツ編)

先のエントリーに続いてインドネシア編。

トヨタで目新しいモデルはこれ。トヨタ・ラッシュ。日本では一代限りで終わったSUVだが、こちらでは順調に発展して昨年二代目にバトンタッチした。先代に比べると7人乗り用のロングボディのみとなったからか、相当大柄に見える。

もちろんこのモデルはダイハツによる開発。ダイハツ版はテリオスの名前で、つまり三代目になる勘定だ。

こちらは、そのダイハツ・ビーゴこと先代テリオス。日本では行われなかった2015年のマイナーチェンジにより、顔が大きく変わっている。

これが初代テリオス、と言いたいが少し違う。この地ではテリオスの7人乗りが設定され、ダイハツ・タルナ (Daihatsu Taruna)という名前で販売されていた。

リアは、そのテリオスとRAV4を混ぜたようなデザイン。

インドネシアでは、言わずと知れたベストセラー、トヨタ・キジャン・イノーバ

リアスタイルは、ややゴテッとしている。

これは初代キジャン・イノーバの初期モデル、フェーズ1。

最初はシンプルなリアスタイルだが、

後年は色々デコレーションされていく。

更に先代となる4代目キジャン。後期型の廉価版だろうか。

キジャンにはピックアップもラインナップされていた。これは4代目ベース。

こちらは90年代の3代目。

3代目は10年に渡って生産された。これは初期のフェーズ1。相当クラシックな雰囲気になる。

リアはランクル70系の印象が強い。

そしてこれが今回の最古。2代目キジャン・ピックアップ。80年代とは思えない、むしろ終戦後のコニーとかホープスターとか言う名前が想起されるようなブリキのオモチャ的スタイルが最高だ。

そして今、路上で最も見かけるのはこの兄弟だ。トヨタ・カリヤ (Toyota Calya)と、

ダイハツ・シグラ (Daihatsu Sigra)

インドネシア政府のローコストグリーンカー (LCGC) 適合車で、規制が求める
1. 排気量が1200cc以下(ディーゼル車は1500cc以下)
2. 20km/ℓ以上の燃費性能
3. 部品の現地調達率80%以上
などを達成しており奢侈品販売税(10%)を免除される。
そのかわり、販売価格は約85万円以下にする事も求められて、中流層に買いやすい”国民車”の販売促進を狙った政策なのである。

この規格に適合しているライバルは、ホンダ・ブリオダットサン・GO+などがある。

こっちは、LCGC前のベストセラー、トヨタ・アバンザ前回にフロントは撮影したので今回はリアのみ。

こっちは先代アバンザ。

ダイハツのミニ・アルファード、ルクシオ前回撮影した。タウンエースがベースになる。

ラインナップの基本、小型ハッチバックのトヨタ・ヤリス。つい先月にマイナーチェンジが行われたのでこれは前期型になる。LCGCの小型車が増えてくる今後、シェアは減るのではなかろうか。

そのLCGCの小型車がこれだ。トヨタ・アギア (Toyota Agya) / ダイハツ・アイラ (Daihatsu Ayla) である。これはダイハツ版の前期型。1.0/1.2Lのハッチバックで2012年に登場した。

こちらは昨年出た後期モデル。

これまた懐かしい。5代目ターセルだが、これはアジアモデルのトヨタ・ソルーナ(Toyota Soluna)だ。2000年頃だから、はや20年選手。

インドネシアのクルマたち2 (トヨタ系以外)

1年ぶりのインドネシア。(昨年の記事)

今回特に目立ったのはこのクルマ。

三菱エクスパンダー。去年出てまだ半年程度だというのに、街なかでもよく見た気がするのはデザインだけのせいではあるまい。

登場時の記事:【インドネシアモーターショー2017】三菱の新型MPV エクスパンダー は若年層を狙う | レスポンス(Response.jp)
日本でも発売が決定したようだが、さて、日本では売れるだろうか。

1500ccの7人乗りで、シエンタなどのライバルになるが、キャラクターは結構違う。このクラス必須のスライドドアも無いし…このデザインだけでは、なかなか簡単ではないだろう。

リアも、フロントほどではないにしろ結構個性的だ。

ほかに見かけた三菱はこれ。三菱Kuda。台湾の中華汽車と合弁で設計・販売したアジア向け車種。台湾では三菱フリーカという名前だが、インドネシアではクダという名前。1,600ccガソリン。

パジェロのパーツを流用しているらしいが、トライトンっぽいグリルといいあまりパジェロ感はない。

昔の三菱にあったコルトの名前が、ここではまだ生きている。COLT L300という名前で2代目デリカがベースだが、今でも立派な現役モデルだ。

モールで展示会をしていたこのクルマは、Wuling MotorsのConfero Sである。中国、上汽通用五菱の五菱宏光という1.5L、7人乗MPVを、ここインドネシアでも発売したようだ。以前、深圳でも見かけたモデルだ。

展示会で配布していたチラシ。Confero Sより上級のCortezというモデルは、1.5Lか1.8Lエンジンを搭載。Wulingが販売する2車種は共に似たようなサイズのミニバンという事になる。参考プランで15万円の12回払というのだから、総額200万超という訳か…安い。

スズキのワンボックス、APVは前回撮影したので、今回はリアだけ。

これが日産のアジア向け戦略車、ダットサン・GO+だ。インドネシアの”国民車規格” LCGC対応車で1.2Lの7人乗りミニバン。街なかで見る数はしかし…それほど多くない。

いすゞ・パンサーには今回乗ることもできたが、いやはや、なかなかにトラックであった。いかにもなラダーフレーム的な動きと、古めかしいOHVディーゼルエンジンにマニュアルなので、まるで80年台にタイムスリップしたような気持ちになる。

しかもまだ現役モデル!

いすゞはエルフ、ギガのトラックも多く走っているが、こんなのもあった。エルフのマイクロバス。完全に乗用車として架装されている。2種類のシリーズがあり、こちらのNLR55系が大きめ。

こっちのNKR55系が小さめ?なのだろうか。主に送迎用として結構よく見かける。

ワンダー・シビックがこんなところに!欠品も見当たらない、素晴らしいコンディションだ。

グレード表記が見当たらないので、ローカルモデルなのだろうか。

おまけのようなベンツ・トラック。MB800は1996年からメルセデス・トルコが製作した5トントラック。キャブはここインドネシア製だった。

インドネシアバスらしいものも見つけた。タクシーでよく知られるBluebirdグループの架装メーカー、PT. Restu Ibu PusakaによるバスはVenusブランドを名乗っている。仮面舞踏会みたいなフロントフェイスが妖しい(笑)

あまりにもトレッドが狭すぎる気もするんだが…まあいいや。

インドネシアといえば、やはりトヨタ&ダイハツ。これらはまとめて次のエントリーで。

街かどのクラシックス:捕獲簿

最近捕獲したクルマたち。

ジャパンがキレイに残されている。深いハヤシ・ストリートのホイールがシブい…

三菱・スタリオン。リアにはクライスラー・コンクエストのバッヂが貼ってあり、オーナーのさりげないこだわりが見て取れる。

岐阜へと向かう道すがらに出会った、初代クレスタ・2.0スーパールーセント。ワンオーナーのようだ。

なんてお宅だ!通りすがりに驚いた。R31スカイラインの揃い踏み。かたや4ドアの後期、かたや2ドアクーペ。4ドアにはGTオートスポイラーも装備して、当然両車素晴らしい状態を維持されている。

香港で見かけた、素晴らしくキレイなCR-X。香港やマカオにはこのあたりの80~90年代のJDMモデルが良い状態で残っているのを時折見つけることができる。愛情だな~。

無限ホイールのみのフルノーマル。素晴らしい。

これまた最高な、エクサ・コンバーチブル!こんな希少車がこんなに美しい状態という驚異!

ホロもしっかりしているが、青空駐車で心配になったり…失敬。

NAロードスターかと思いきや、あのM2 1001である!オートサロン期間中の幕張で遭遇。

そろそろ20年を経過してしまうことになる、最終型のコロナ・プレミオ後期。

これも立派な希少車!? 我が家の近所には街宣車が停まっている。何のこだわりか、どちらも欧州車。90年代前半のU-B10MCボルボ・アステローペに、こちらも同年代のネオプラン・N117/2スペースライナー(元中央観光)という国粋主義とは程遠いチョイス(笑)

最近のクルマも少し。
あまりに巨大なサイズになんだこりゃ!となったのは、北米日産のNVパッセンジャー。5.6Lエンジンで全長6m…絶句。

いつでも好きなランチア・デルタ。

京都ではシトロエンに遭遇。これはショップの鈑金途中なのか、バンパーも外されてキレイな塗装で佇んでいた。

その傍らには、シトロエン2CVフルゴネット。くたびれ具合も申し分なし。

ルーフ際に付けられた2分割のナンバーが粋だ。

これは愛知の碧南で捕獲した、よいくたびれ具合のルノー・キャトル。

こっちは非常に美しい、ロータス・エスプリ。シリーズ1だろうか。

大きな大きなサイドマーカーが素敵なUS仕様、初代5シリーズ。1981年の528iか。ペイントもヤレず、かといってオーバークオリティでない適度な佇まいが非常に好ましい。オーナーはどのような思い入れを持って乗られてるのだろうか。

タイの陸運局、それにクルマたち

先日、バンコクにてタイでの自動車の登録をする、日本で言うところの陸運局に行く機会があった。
やってる事は割合に日本と近いようだ。

バンコクの陸運局はタイ運輸省”กรมการขนส่งทางบก | Department of Land Transport“の管轄で、BTSモーチット駅の近くにある。

伝聞なのでうろ覚えだが、基本的には書類の登録をして税金を払う、そんな流れでナンバーは交付される。日本と同じようだ。ただ、税金は毎年支払いが必要なため、ドライブスルー方式になっている。

これがその登録を管轄する自動車管理局=つまり陸運局。

その裏手に検査ラインがあり、新規登録の車両はここを通る。
特にタクシーは専用のラインになっている。タイのタクシーはほとんどが個人タクシーなので検査に時間がかかりやすいため、専用ラインが用意されているのだろう。

型式などを手前の机に向かう検査員がチェックし、それからラインへと進む。

たぶん、寸法や必要物が搭載されているかどうかの確認といった程度のようだ。

 

さて、街なかのサラデーン駅あたりまで帰ってきて出会ったのはマツダ・BT-50ピックアップの初代モデル。

これもマツダの先輩ピックアップ、ファミリアトラックだ。2代目ベースなので1967~78年の生産となる。タイでは人気モデルだったようだ。

お、これもマツダ?と思うほどカペラっぽいデザインだが、3代目のヒュンダイ・ソナタ。1993~95年の前期モデルだ。

これまたレアなルノー19の、しかも前期。はじめて見たかもしれない。慌てて携帯を向けたので、写りが悪いのはご容赦を。

チャイナタウンあたりでは、ランドローバー。シリーズⅢのようなので70年代だろうか。

街なかで「おっ!」というデザインのバイクに遭遇。キレたデザインでいいじゃないの。

なんだこれ…と思ったら、デビューしたてのタイ・ヤマハのQBIXという125ccバイクだった。

QBIX [2017] – รุ่นรถและข้อมูลจำเพาะ | YAMAHA | บริษัท ไทยยามาฮ่ามอเตอร์ จำกัด
タイヤマハが125ccスクーターな新型Q-BIX(キュービックス)を発表 : 個人的バイクまとめブログ

なお日本でも輸入されはじめた模様。
バイクショップChopsがタイヤマハのQBIXを取り扱い開始| バイクブロス・マガジンズ

香港の小巴と巴士(バス)

昨年末に訪れた香港で、バス達をウォッチング。

今気になるのはマイクロバス達。香港へ向かう道中で見たマイクロバスが題材の香港映画「忘れえぬ想い(原題: 不忘了)」を見たのも大きい。

映画と同じ、先代のトヨタ・コースターがベースのマイクロバス。ここでは小巴(Xiǎo bā)と呼ばれる。2階建てが有名な一般のバスが結ばない住宅地なんかをこれらの小巴が走り回る。

もちろん昨年登場した現行モデルのコースターもいた。

主にショートボディが使われており、16人乗りがメインのようだ。

しかし、乗るのは結構難しい。どのバスがどの路線を走るかとても分かりづらくて、地元の人間でないと使いこなせないんじゃないだろうか。

それならそれで、むしろ乗りたくなるもんだ(笑)

ということで、いっぺん試しに乗ってみる。

ルートを調べるにはこういったサイトもあるが…
專線小巴路線指南 | www.16seats.net
正直わかりづらい。

路上、どちらかといえばメインストリートから一本離れたような道にバス停が立っているようだ。地名が把握できないとどのルートかわからない。だが、そもそも通っているルートがメインを外しているので、余計にわかりにくい。

乗り込むと、まずは運転席後ろの機械にオクトパスをかざし、それから座席に座っていく。この時の料金は6HKDと、まあまあ良い値段である。

降りるときは、この座席上に設置された赤い押しボタンを押して降りる。まあ単純だ。

とにかく路線さえ把握できれば、大した事はない。たいてい座れるし前払いなので降り過ごしても次で降りれば問題ない。とにかく、路線がわかるようになれば、ぜひ使ってみてほしい。

 

 

一般的な二階建てバス。これは城巴(City bus)のもの。香港島はこの色が多い。車種はイギリスAlexander DennisのEnviro 500 MMC

緑とオレンジは新巴(First bus)の色。どちらも今は同じ会社が運営している。これもAlexander DennisのEnviro400

ゴールドは九巴(KMB)のバス。九龍ではKMBが多い。車種はイギリス・北アイルランドのWright Eclipse Gemini(左)とEnviro 500。
Wright Eclipse Geminiはボルボ・B5~B9シリーズのシャシーを使うためボルボのエンブレムが入っているが、EnviroシリーズはScaniaシャシー等も存在するためAlexander Dennisエンブレムが付いたり付かなかったりする。

これも金色じゃないが九巴(KMB)。シンガポール、マレーシアなどのアジア各国でもよく使われているScaniaのK230UBである。

乗用車は、今回はとにかくテスラ・モデルXを大変よく見かけた。香港はテスラの普及度がとてつもない。

的士(タクシー)で、日産NV200が走ってきたのを見つけた。

深セン(深圳)のクルマたち。

6月以来の訪問となった深圳の街。
あらためて車たちをチェックしてみた。わずか半年なので印象論と思うが、前回より遥かに多くの中国国産車を見ることができた。売上が好調なのを反映して…いるのだろうか。

SUV系は似たようなカッコのモデルが多数走っていた。
これは上海汽车(上海汽車工業)の1ブランド、荣威(ROEWE)RX5という1.5-2.0Lモデル。

詳細画像など: 【荣威RX5图片】-易车网

長城汽車(长城汽车, Great Wall) 哈弗 (HAVAL) というSUVブランドを持っている。このモデルはH6という1.5/2.0LターボのSUV。

正直遥かに大きなクラスに見える。

画像はここで:【哈弗H6图片】汽车之家

このイヴォーク+アウディ的な、ヨーロッパ風デザインは众泰汽车 (Zotye Auto)T700というモデル。今年2017年登場の新しいトップモデルだそうな。4~7人乗で三菱製を含む1.8~2.0Lのターボエンジンを搭載する。

ラーメンのふちを思わせる中華風のロアグリルがポイントだ!(笑) 詳細画像など:【图】众泰T700图片_汽车之家

奇瑞汽车 (Chery Automobile)瑞虎3という1.6Lモデルの5人乗SUVだ。

詳細画像など:【图】瑞虎3图片_汽车之家

1年前から登場の新型キャディラック、XT5も停まっていた。

この7人乗ミニバンは海馬汽車(海马汽车、Haima Automobile)という第一汽車傘下のメーカーによる福美来七座というモデル。

詳細画像など:【福美来F7图片】汽车之家

街なかでも福美来七座はいた。

このミニバンは、华颂 (Huasong) 7という名の华晨汽車(かしんきしゃ、Brilliance Auto)傘下のミニバンブランドの高級モデルだ。华颂 (Huasong) はBMWとのジョイントベンチャーで作ったブランドで、このモデルも傘下の金杯ブランドのモデルをベースにBMW製2.0Lエンジンを搭載している。だからか、ヨーロッパ的デザイン。

詳細画像など:【华颂7】-易车网

定番中国車デザインなこのバンは、長安汽車(长安汽车, Changan)睿行という。三菱の4G15S、1.5Lエンジンの5人乗。このデザインは現行モデルである。ちなみに、こういう小型ミニバン・カテゴリーを中国では「微面」と呼ぶ。

詳細画像など:【图】睿行M80_汽车之家

こちらも長安汽車の小型バン、星光だ。排気量は0.8~1.3L。

詳細画像など:长安商用 长安星光4500_腾讯汽车【图】

この一見商用バンに見えるクルマも長安长安欧诺 (海外名:Changan Honor) というCDVである。CDV (Car Derived Van)とは、ルノー・カングーみたいな乗用車に箱がついた乗用車的な小型バンのこと。

出自の通りヨーロッパ的なデザインを狙ったようだ。2012年に登場した1.3/1.5Lの5~8人乗りモデル。

三菱デリカそっくりのこれは东风柳州汽车(東風柳州汽車)の1ブランド、东风风行(東風風行, FX Auto)菱智というモデル。2001年から現在も生産されている。

百度百科での菱智の説明では、三菱デリカ・スペースギアの翻案 (东风风行菱智原型车为日本Space Gear L400,常被译作三菱太空舱)とはっきり記載されている上、エンジンも三菱製を使用、なにより車名の菱智という名前が三菱との関係を物語っている。

その辺はこの記事 「中国版 ミツビシ デリカ カーゴ !? 風行汽車 菱通 CMV ・・・・」アクア ランサー Ralliartのブログ にも書かれている。

 

 

東風日産 (东风日产) もいた。帥客 (帅客 shuài kè) という名前の1.5~2.0Lを搭載したバンである。ただ、エンジンは日産製ではなく三菱 (1.5L, 2.0L) やプジョーPSAの1.6Lという不思議な組み合わせである。

これはそのプジョー製1.6Lを搭載したバージョン。先代モデルである。

東風小康 (东风小康、DFSK)は東風の小型車部門だが、バン・トラックが主なラインナップ。これは2012年から生産しているCシリーズである。1.4-1.5Lクラスだが、EV版のEC36もある。

如何にもなオバサンが通りすぎる横で荷降ろしをしているのは、2006年から作られている1.3Lの小型バン(微面车)、上汽通用五菱揚光(扬光)だろう。

この長~いバンも上汽通用五菱。荣光 (榮光、Róngguāng)というモデルは排気量1.2Lだが、この加长版(拡張版)の全長は4.5mもあり、ハイエースに近い長さを持つ。

詳細画像など:【五菱荣光2012款加长版 6450B-标准型侧前45度车头向左水平汽车图片-汽车图片大全】-易车网

上汽通用五菱の五菱宏光は5-7人乗りのMPVだ。2010年に登場し、写真の初期型はヒンジドアだが、後にスライドドア化した。1.2/1.5Lエンジンだが、5MTしか無いのは良いのだろうか。

こっちはBMWルック。华晨(華晨)金杯海星A9というモデル。排気量は1.0Lだが燃費で人気のモデルらしい。

ヘッドライトまでBMWを意識しているのがむしろ、確信犯だと自白しちゃっている。

このフォードの救急車、独特な顔つきだが中国版のフォード・トランジット (福特全顺) である。第3世代をベースとし、エンジンは2.7Lディーゼルと三菱製の2.4Lガソリンがある。それにしても、中国車の三菱エンジン使用率たるや!

長安汽車(长安汽车, Changan)のトラックもいた。神骐T20という1.3Lエンジン搭載のモデルである。

変なパトカーも見かけた。ゴルフカートのようだがれっきとした深圳警察の車両だ。いろいろ調べたのだが、たぶん沃森电动车 (Wosen EV)という、深圳にあるEVメーカーの車両のようである。2003年創業で、この6人乗り以外にも様々なタイプを警察に納入している。雨の時には横のカバーを下ろすこともできるようだが…使えるんだろうか(笑)

この小さな車もEVだ。新大洋電動車有限公司(山东新大洋电动车有限公司)によるブランド知豆によるD2という2人乗モデルだ。レンタカーでまずシェアを獲得する作戦で成長しているようで((中国)2人乗りEV「知豆」の販売好調、レンタカー市場で売り込み: Reuters )、この芒果出行もスマホによるレンタカーサービスである。2016年まではボルボやロータスも所有する吉利 (Geely)汽車傘下だったが、現在は離脱している。このモデルはD2Sという廉価版の模様。

比亚迪 (BYD) の超小型車、F0もいた。1.0Lの排気量にiQやアイゴ的なサイズ。室内はMINIぽいと言うよりヴィッツぽいデザインだ。現在も販売している。

これもBYD。比亚迪・秦 (英名:Qin) という名前のセダンである。こちらも現在も販売中。BYDらしくEV版もラインナップしており、どちらも先進性をアピールするかのようにテスラよろしく超巨大なディスプレイをセンターコンソールに装備する。

この車両、ナンバープレートが緑と白になってるのは、環境優遇車の証なのでEV版だと思われる。

中国車の心、VWサンタナがいた。サンタナは、大众桑塔纳という名前で83年以来400万台を売り上げ、90年代以降の改革開放期の中国を支えた。2012年までの実に29年間も生産され、多くの中国人に馴染み深いモデルとして、今のVWの中国での人気を作り上げた名車だ。

以前見た映画「山河ノスタルジア」でも90年代のシーンで主人公の相手がサンタナを運転していた。
この記事でも、90年代の記憶とサンタナの強い結びつきについて書かれている。【我们可以怀念90年代,但不必怀念桑塔纳 – 每日头条】

こちらもサンタナ。2004年以降のフェイスリフト後の桑塔纳3000。

深圳でよく見るタクシーの多くはトヨタである。見ない車種なのだが、これは中国版で廉価版のカローラこと花冠EXである。メインのカローラは日本と同じプラットフォームから設計されて販売されているが、こちらの廉価版は未だに120系をベースとしている。

こっちには普通車の花冠EXもいた。
詳細画像など:【图】花冠_丰田_汽车之家

そしてこちらは、中国版のクラウンである。自分もこれを見るまでクラウンは国内専用車だと思っていたので驚いたが、デザインも専用で左ハンドルの中国専用モデル“一汽丰田皇冠”が生産されている。この中国版は180系ゼロクラウンからスタートし、現行モデルの14代目210系は日本発売の2年半後の2015年に発売した。

リアスタイルも独自デザインとなり、よりスポーティになっている。エンジンは2.0Lターボ一種類のみ。
詳細画像など:【皇冠图片】_汽车之家

奇瑞汽车の艾瑞泽7 (Ài ruì zé)というセダン。幅も1825mmもあるが、パワートレーンは1.5L+CVT/5MTだ。

外国ブランド2台。シボレー (雪佛兰)マリブ (迈锐宝XL, Malibu)は2016年からの新しい現行モデル、右側はヒュンダイ (北京现代)のエラントラを4cm長尺化した朗动 (Lǎng dòng) である。2012~16年の前期型だ。

この大柄で不思議な雰囲気…なんだろう。これはメルセデスと比亚迪 (BYD) が合弁で立ち上げたDENZA (腾势)というブランドである。販売しているのは2014年以来この一車種だけである。Bクラスをベースにサイズを拡大し、幅も1.8m以上もある大きな4ドアセダンだ。電気自動車:ダイムラーの中国産電気自動車「DENZA」はどんなクルマなのか – MONOist(モノイスト)

詳細画像など:【腾势】最新腾势报价_腾势腾势社区-易车网

ヨーロッパ車感がプンプンする。DENZA (腾势)の本社は深圳、だからこそこんなところでも見かけるのだろうか。