不思議な中国ドリンク

日本のドリンクも、外国人からすれば結構おかしな飲み物と思われそうなものがある。同じように中国にも、どうやら我々には驚くべき飲み物があるようだ。

シンガポールはゲイランあたりで見つけた、これらの中国ブランドの飲み物たち。よく見ると色々おかしな点があって面白い。

真っ黒で不気味だが、ココナッツウォーター (椰子水) とブルーベリー (蓝莓) をミックスしたフルーツ飲料だ。黑派黑水 (Hēi pài hēi shuǐ)は、広東のメーカー「広東健橋」による若者向け飲料。

ちんちんという名の飲み物は、その名も珍珍飲料という広東の会社が作る清涼飲料で、これはライチ飲料だ。

裏に写る美女は柳 岩という女優/歌手だ。1元があたるキャンペーンを行っている。

Big BangのTOPがボトルにデザインされたお茶。名前がまた変わっていて「茶π」という。农夫山泉はここ数年Big Bangとコラボしているようだ。これはレモンティー。

安慕希という名前の、飲むヨーグルト。中国では紙パックのようだが、このボトルデザインも良い。会社は内モンゴル自治区にあるようだ

これは驚き!なんとクルミの飲み物だ。植物たんぱく飲料として露露という河北省のメーカーが販売している。意外にクルミそのものだが、違和感は少なかったかな。

さらに驚きの飲みものがあった!これはなんと…パンの飲み物だ。しかも”瓦斯”とある通り炭酸入り…どうしてこうなったのか…しかしラベルにも鮮やかにパンが描かれていて、間違いようがない。。。

この秋林格瓦斯という飲み物は、秋林というハルビンの企業が製造しており、なんとこれが100年以上前の創業以来のメインの商品らしい。
飲んだ感じは…しかし、どうにも”パン”そのものであった。しかも炭酸…これは結構キビシイ…中国の若者たちはこれを喜んで飲んでいるのだろうか。。。

広告

出町ふたばは朝に買いに行く

ふたばの豆餅を久しく食べていない。
左京区に住んでいて、店にはすぐに行けるのに、いつ見ても大変な行列で、とてもじゃないが買おうとも思えん。

以前こんな記事を見て、「それはそれで面倒くさいな」とか言いながら、なんだかんだ結局何年も食べていないのだ。
「出町ふたば」京都駅で人気の豆大福を行列に並ばないで買う方法 – Fu/真面目に生きる

しかし、ある日の朝早起きした時にふと気づいた。

「そうや、今から買うてきたら人もおらんのちゃうか。」

出町ふたばは朝八時半開店と、結構早くから開けてはる。さすがにこんな時間ならば客も少なかろう。いざ!と早速チャリにまたがった。
到着したのは8時28分頃かな?

おぉっ!少ない!

10人程度しか並んでいない!

それでも並んでんのかい、という言い方もできるだろうが、日中の事を考えれば十二分に少ない。8時半前でももしかしたら開けてはるのかもしれない。とにかくこれならという事で無事にゲットすることができた。

奥では多くの職人さんが既にフルスロットルで作ってはる。

10分ほどで無事に買えたが、終わって振り返ったら20人ほどに増え、更にどんどんと列が伸びていく…8時半に必ず来ないと恩恵を感じる少なさではないという事か…厳しいね。

家で何年ぶりかの豆餅を食べる。やっぱり塩の効いた豆が美味い。

カテゴリー: タグ:

京極かねよのきんし丼

バタバタっとしていた7月末、折しもこの日は誕生日。
晩飯を奥さんと食べようかと考えてたら、行ってそうなのに今まで行ったことのなかった
あの有名店に行くことにした。

「京極かねよ」である。
厚焼き玉子がドカンとのったきんし丼、それに新京極へ向かう六角通沿いで鰻を炙っているのがよく知られていて、学生の頃から服なんかの買い物で通るたびに「あ~食いてえ」と思ったものだ。
だのに、気づいたらまったく行ったことが無かった。

意外に閉店が早く、8時に着いてもラストオーダー30分前なのである。しかし、どんどん来店客が入ってくる。もう半数以上は外国人観光客なご時世だ。
一階は大きな円卓を中心にテーブル席が並ぶ。定食屋的な風情がいい。

漬物をアテに黒ラベルを飲んでいたら、やって来た。上きんし丼。鰻がまるまる隠れている。

そして上鰻丼も来た。炭火の香りがそそる!

それと肝吸い。

厚焼き玉子も大好きだが、本当に鰻を味わいたいのならやっぱり鰻丼の方が香りも味もストレートで美味い。しかし、それなら鰻重の方が更に美味く感じるだろうな、としごく当たり前の感想だった(笑)。やっぱり店の雰囲気がいいな。あまり落ち着きすぎないのが場所柄、むしろちょうどよい。
ところで、価格は20年ほど前からは少し上がったと思う。500円位は安かった気がするな。鰻を食べる事自体、もはや問題行動になりつつあるご時世なので仕方ない。

かねよは、暖簾分けというか本家が「逢坂山かねよ」という名前であるので、そちらもぜひ行きたい。

カテゴリー: タグ:

タイガー・ビール工場見学 in シンガポール

シンガポールを代表するビールといえば、なんといってもこのタイガー・ビールである。
南国らしいすっきりした飲みくちで、僕も勿論大好きだ。

そのタイガーのビール工場がシンガポール国内にあり、行ってきた。

シンガポールと行っても外れである。MTRの終点、Joo Koon駅からさらに15分ほどバスに乗り、マレーシアの国境となる島の端にある。

公式サイトから予約をしたら、支払いもすべておしまい。
しかし、僕は予約時間に遅れてしまい、見学はほとんどできず…
まあ良いのだ。目的は別にあるのだから!

見学はおよそ40分程度で、(おそらく)製造工程も見れて、タイガー・ビールの歴史も垣間見ることができる。ラベルデザインの変遷。

昔のロゴデザインも十二分に素敵だ。

ポップである。

英語、中国語、マレー語が併記されたポスター。80年代らしいCMを見ながら、味わい深いポスターを見る。

工場見学の最大の目的はこれである!タイガー・ビール・オリジナルジョッキ!街でタイガーをオーダーしても出て来る、あのジョッキが手に入るのはこの工場見学でのみ、なのである。このロゴがカワイイので前から密かに欲しい欲しいと思っていたのだ。

たしか、2個セットで2000円弱…だったと思う。

工場から遠路はるばる帰ってきたら、近所の中華料理屋でまたタイガー・ビール。ついでに買った栓抜きと。

ちなみにタイガーは今、このラドラー・シリーズに力を入れていて、今回はレッドグレープフルーツ味が登場していた。以前はレモン味で、どちらもアルコール度数は2%と低めに抑えてある。どちらも美味い。

暑いときにはこれ!@マレーシア

マレーシア滞在中は、なにせ暑い。
暑くて昼間はとにかく出かけるのがおっくうになる。

しかし、出かけないわけにもいかなくて大汗かいたりした後にぴったりなのが、かき氷である。

マレーシアでも、東南アジア圏でよく見るようなかき氷があって、チェンドルとかアイス・カチャンとかABC (Air Batu Campurの略らしい) とか呼ばれている。コタキナバルではABCの呼び方が一般的だろうか。

中身は色々で、ココナッツミルクに小豆とかコーンとかスイカにグラス・ゼリーとかが載ったりするけど、やっぱり緑色のゼリー、チェンドルが必須だろう。そんなに味も香りもしないのがほとんどなので、涼感として入っている感じ。ここでは緑色が涼し気なんだろうか(笑)
凍ったままで食べるより、しばらく待ちつつ溶かしてからのドロドロ状態を食べるのがマレーシア流。これが美味い。

ABCは、とにかくどこででも注文できる。一見無さそうでも聞いてみたら確実に用意してくれるので毎日のように食べていた。

 


 
そしてもう一つのキラーアイテムがこれ。ライム・ジュースである。Jus Limauとか呼ぶが小さめのミカンで作るレモネード的な飲み物。暑くてたまらない時、この酸っぱい味が最高なのである!

こんな梅干しを入れたものもコタキナバルでは良く出てくる。三酸冰 とか橘子冰とかいう名前だ。梅干しと言っても「酸梅」という甘さもある干し梅干しだが、それが風味を一段と深めてくれる。

ライムジュース、Jus Limauの缶入りも売っていて、常にホテルに常備するようにしていた(笑)

このライム、実はカラマンシー (Calamansi) という名前で売っているので、この名前を見つけたらとりあえず買っておくと、マレーシア生活に涼をもたらしてくれる個人的に最高の一品なのである。

初めての中国、初めての深セン(深圳)3

深圳では、最初にこんなお店でお昼ごはん。

大鼓米线という太めのビーフン(米麺)チェーン。

どこに入っていいのかわからないので、”Lost in Thailand”黄渤が広告してるからという、ただそれだけでここにした(笑)

適当に一番最初のページのものにした。熱々の鍋にチキンスープに入り、もも肉がまるまる一本、さらに野菜や豆がたくさん入っている。更に別皿に入った米麺が2椀も!これで40元=600円くらいだろうか。腹いっぱいで大満足である。

やはりというか、店員さんの説明がまったく聞き取れずマゴマゴしていると、紙に書いて説明してくれた。優しい!熱いから鍋を持たずに椀で食えという事だな。

こちらは通りすがりに見かけたセルフ形式の焼肉店だろうか。小奇麗な店構えだ。

コンビニ(便利店)ではこんなコーヒーを買った。オシャレなデザイン。

夕方、购物公园駅にあるCoco Parkというショッピングセンターへとやって来た。

ここには、イオンが入っている。ならば、当然パトロールしなければ!

ここに並んでいるのはパン的なもの?饅頭もあった。

芹菜 (Qíncài) はセロリ(約30円)、莴笋 (Wōsǔn) はステムレタス、茎レタス(約60円)というやつらしい。

上海青は白菜の一種、麦菜はレタスの一種らしい。どちらも4束で10元(160円)だろうか。芦笋(Lúsǔn)はアスパラガス。大きめサイズでこっちも160円。

惣菜類も揃っている。どことなくナムルっぽいものが多い印象。

咸蛋(xiándàn)は塩漬け卵。青みがかった色が印象的。

日式醤烤秋刀鱼とあるので、サンマを醤油で焼いているのだろうが辛そうに見える。産地は深圳近海のようだ。

淡水魚はこんな風に生け簀で活魚が提供されている。

鶏鍋としか書かれてないが、黒い鶏!

水鱼(Shuǐ yú)ことスッポン!これをココナッツで鍋にするのか…すごいな。

醤油はなんと一升で160円!

ジャスミンライスも10kgで1,700円とお手頃価格で並んでいた。

イオンらしく、ビールはアサヒ、キリンも並んでいたり、PB品の表面に「ビール」と日本語で書かれたものも並んでいて意外だった。商品については日本製はむしろアピールポイントなのだろうか。

美味いものめぐり

バレンタインデーだからか、奈良に行った時にチョコレートケーキを買ってみた。

名店の名物、ガトー・ド・ボワのアンブロワジー。地元の名店ながら、初めて食べた。
bimg_5165
美しく、なによりとても美味い。しっとりとして、洋酒感がじんわりと濃厚に味わえる。

奈良ではこんなものも試してみた。鹿サイダーは柿酢が入っているらしく、柿の香りで美味しかった。奈良クラブサイダーは真っ当なサイダー(笑)
bimg_5158

聖護院にあるブラウニーブレッド&ベーグルズ。元は北大路にあり、その頃も美味しかった。
bimg_5307

チーズが美味しい。もちろんベーグルは言わずもなが。
bimg_5312

その近所にある定食屋さん、はとや
bimg_5309

ケースから2品を選び、味噌汁やら粕汁やらを選択して、これで700円。意外と少ないこのタイプの定食屋で、のんびりした雰囲気ともども気軽に入れる。粕汁が、すごく良い味を出していた。
bimg_5308