タイガー・ビール工場見学 in シンガポール

シンガポールを代表するビールといえば、なんといってもこのタイガー・ビールである。
南国らしいすっきりした飲みくちで、僕も勿論大好きだ。

そのタイガーのビール工場がシンガポール国内にあり、行ってきた。

シンガポールと行っても外れである。MTRの終点、Joo Koon駅からさらに15分ほどバスに乗り、マレーシアの国境となる島の端にある。

公式サイトから予約をしたら、支払いもすべておしまい。
しかし、僕は予約時間に遅れてしまい、見学はほとんどできず…
まあ良いのだ。目的は別にあるのだから!

見学はおよそ40分程度で、(おそらく)製造工程も見れて、タイガー・ビールの歴史も垣間見ることができる。ラベルデザインの変遷。

昔のロゴデザインも十二分に素敵だ。

ポップである。

英語、中国語、マレー語が併記されたポスター。80年代らしいCMを見ながら、味わい深いポスターを見る。

工場見学の最大の目的はこれである!タイガー・ビール・オリジナルジョッキ!街でタイガーをオーダーしても出て来る、あのジョッキが手に入るのはこの工場見学でのみ、なのである。このロゴがカワイイので前から密かに欲しい欲しいと思っていたのだ。

たしか、2個セットで2000円弱…だったと思う。

工場から遠路はるばる帰ってきたら、近所の中華料理屋でまたタイガー・ビール。ついでに買った栓抜きと。

ちなみにタイガーは今、このラドラー・シリーズに力を入れていて、今回はレッドグレープフルーツ味が登場していた。以前はレモン味で、どちらもアルコール度数は2%と低めに抑えてある。どちらも美味い。

暑いときにはこれ!@マレーシア

マレーシア滞在中は、なにせ暑い。
暑くて昼間はとにかく出かけるのがおっくうになる。

しかし、出かけないわけにもいかなくて大汗かいたりした後にぴったりなのが、かき氷である。

マレーシアでも、東南アジア圏でよく見るようなかき氷があって、チェンドルとかアイス・カチャンとかABC (Air Batu Campurの略らしい) とか呼ばれている。コタキナバルではABCの呼び方が一般的だろうか。

中身は色々で、ココナッツミルクに小豆とかコーンとかスイカにグラス・ゼリーとかが載ったりするけど、やっぱり緑色のゼリー、チェンドルが必須だろう。そんなに味も香りもしないのがほとんどなので、涼感として入っている感じ。ここでは緑色が涼し気なんだろうか(笑)
凍ったままで食べるより、しばらく待ちつつ溶かしてからのドロドロ状態を食べるのがマレーシア流。これが美味い。

ABCは、とにかくどこででも注文できる。一見無さそうでも聞いてみたら確実に用意してくれるので毎日のように食べていた。

 


 
そしてもう一つのキラーアイテムがこれ。ライム・ジュースである。Jus Limauとか呼ぶが小さめのミカンで作るレモネード的な飲み物。暑くてたまらない時、この酸っぱい味が最高なのである!

こんな梅干しを入れたものもコタキナバルでは良く出てくる。三酸冰 とか橘子冰とかいう名前だ。梅干しと言っても甘さもある干し梅干しだが、それが風味を一段と深めてくれる。

ライムジュース、Jus Limauの缶入りも売っていて、常にホテルに常備するようにしていた(笑)

このライム、実はカラマンシー (Calamansi) という名前で売っているので、この名前を見つけたらとりあえず買っておくと、マレーシア生活に涼をもたらしてくれる個人的に最高の一品なのである。

初めての中国、初めての深圳3

深圳では、最初にこんなお店でお昼ごはん。

大鼓米线という太めのビーフン(米麺)チェーン。

どこに入っていいのかわからないので、”Lost in Thailand”黄渤が広告してるからという、ただそれだけでここにした(笑)

適当に一番最初のページのものにした。熱々の鍋にチキンスープに入り、もも肉がまるまる一本、さらに野菜や豆がたくさん入っている。更に別皿に入った米麺が2椀も!これで40元=600円くらいだろうか。腹いっぱいで大満足である。

やはりというか、店員さんの説明がまったく聞き取れずマゴマゴしていると、紙に書いて説明してくれた。優しい!熱いから鍋を持たずに椀で食えという事だな。

こちらは通りすがりに見かけたセルフ形式の焼肉店だろうか。小奇麗な店構えだ。

コンビニ(便利店)ではこんなコーヒーを買った。オシャレなデザイン。

夕方、购物公园駅にあるCoco Parkというショッピングセンターへとやって来た。

ここには、イオンが入っている。ならば、当然パトロールしなければ!

ここに並んでいるのはパン的なもの?饅頭もあった。

芹菜 (Qíncài) はセロリ(約30円)、莴笋 (Wōsǔn) はステムレタス、茎レタス(約60円)というやつらしい。

上海青は白菜の一種、麦菜はレタスの一種らしい。どちらも4束で10元(160円)だろうか。芦笋(Lúsǔn)はアスパラガス。大きめサイズでこっちも160円。

惣菜類も揃っている。どことなくナムルっぽいものが多い印象。

咸蛋(xiándàn)は塩漬け卵。青みがかった色が印象的。

日式醤烤秋刀鱼とあるので、サンマを醤油で焼いているのだろうが辛そうに見える。産地は深圳近海のようだ。

淡水魚はこんな風に生け簀で活魚が提供されている。

鶏鍋としか書かれてないが、黒い鶏!

水鱼(Shuǐ yú)ことスッポン!これをココナッツで鍋にするのか…すごいな。

醤油はなんと一升で160円!

ジャスミンライスも10kgで1,700円とお手頃価格で並んでいた。

イオンらしく、ビールはアサヒ、キリンも並んでいたり、PB品の表面に「ビール」と日本語で書かれたものも並んでいて意外だった。商品については日本製はむしろアピールポイントなのだろうか。

美味いものめぐり

バレンタインデーだからか、奈良に行った時にチョコレートケーキを買ってみた。

名店の名物、ガトー・ド・ボワのアンブロワジー。地元の名店ながら、初めて食べた。
bimg_5165
美しく、なによりとても美味い。しっとりとして、洋酒感がじんわりと濃厚に味わえる。

奈良ではこんなものも試してみた。鹿サイダーは柿酢が入っているらしく、柿の香りで美味しかった。奈良クラブサイダーは真っ当なサイダー(笑)
bimg_5158

聖護院にあるブラウニーブレッド&ベーグルズ。元は北大路にあり、その頃も美味しかった。
bimg_5307

チーズが美味しい。もちろんベーグルは言わずもなが。
bimg_5312

その近所にある定食屋さん、はとや
bimg_5309

ケースから2品を選び、味噌汁やら粕汁やらを選択して、これで700円。意外と少ないこのタイプの定食屋で、のんびりした雰囲気ともども気軽に入れる。粕汁が、すごく良い味を出していた。
bimg_5308

本物の中華鍋

遂に、中華鍋を買ってしまった。

bimg_5197
山田工業所 鉄 打出片手中華鍋(板厚1.2mm) 30cm若林工業 鉄製 中華お玉 小である。

中華鍋ならば山田工業所だ、というのは聞いたことがあったが、これを見て遂にポチッとしてしまった。
タモリ倶楽部 2010 09 17 「中華街のシェフも大絶賛!山田工業所の中華鍋を手に入れよう」

プレスでなく、打ち出しで作る中華鍋は全国でも山田工業所だけらしい。だからこその”横浜中華街でのシェア8割”の評価。

届いた当初は、こんな具合に防錆塗料でツヤツヤである。打ち出しの模様が美しく広がっているよ。
bimg_5198

このままでは使えないので、焼入れしていく。
bimg_5210

10分以上火入れしていくと、こんな具合に色が変わっていき、更に全体を満遍なく火入れしていく。
bimg_5209

40分程度はかかっただろうか。無事に完成。鈍いツヤに変わる。更に油を馴染ませたらクズ野菜で炒め、冷ましてから裏にも油を塗って最終形になった。
bimg_5211

今まで使っていた中華鍋(結婚式のカタログギフトで手に入れたモノ)から比べたら、とても軽いし、なによりも火の回りがとっても早い!
※使用後は、洗って水を拭き取るだけというのが多いようだが、僕は拭かずに一度空焼きで水を飛ばし、冷ましてから片付けている。拭き取りも不要で錆びない。

とりあえず麻婆茄子を作ってみた。
・家庭用にはもう1サイズ小さめでも良いかも。
・最初なので返しの要領が違って戸惑う。
・お玉の長さ&重さにも戸惑う
・柄が鉄製のものにしたので、布巾で持つのも戸惑う。軽いからいいけどね。

しかししかし、美味くできた。やっぱりええわぁ♪
bimg_5212

おいしいスリランカ

スリランカは、パン屋さんがとても多い。どんな田舎でもパン屋があることに気づく。
bimg_3832

シンプルな味が多く、ほんのり香り付けのスパイスを混ぜただけだったりもする。
bimg_3885

こっちは玉ねぎの惣菜パン。甘めよりもむしろ惣菜系の種類が多い。
bimg_3888

bimg_3838

bimg_3831

こうしたトゥクトゥク・パン屋さんもいたり。
bimg_3982

純粋スリランカ料理も美味しい。
これはHopper ホッパーというプレーンなパンケーキ状のもの。外周部はパリパリ、中心はしっとりとしている。カレーを載せたり、一緒に食べたりする。
bimg_3939

これはハマる!Kottu コッツという炒め物で、麺と肉を細かく刻んで野菜と炒めている。まるでそば飯のような、モチモチ感が焼きそばに混ざった食感が最高。
bimg_4049

Curd カードも美味い。これは水牛のヨーグルトだが、とても濃厚にとろみのある食感が特徴。クセはない。
上にかかったKithul キトゥルというヤシの蜜がまた素敵な風味で、これだけでも色々に使えそう。
bimg_3940

おまけ。
レモングラスとミントの紅茶。空港のThe Coffee Beanにて買ったが、さすがにちょっとクセが…
bimg_4051

スリランカの酒場は特殊である。
あまり大っぴらに飲酒はしないようで、ローカルな店はこういう鉄格子を介して酒を買う。しかも、路地にある事が多かった。
bimg_3802

こんな感じの立ち飲みがスタイル。
bimg_3805

鳩神社、うどん、ミシュラン

11月のある日、紅葉を見に行ったところで寄り道した。

上高野の三宅八幡宮。狛犬ならぬ、狛鳩がいた。
bimg_3593
至るところに鳩が祀られていて、さながら鳩神社の様相を呈している。

参道にあるお茶屋ののれんにも、美しい鳩がいた。
bimg_3592

そしてここでは、こんな鳩餅を売っている。製造はなんと聖護院八ツ橋。
bimg_3595
聖護院八ツ橋はnikinikiといい、意外な事してて驚かされる。

人もまばらで、かといって寂れてもいない、のんびりできる場所だった。

——————————————–

別の日には、北野天満宮のそばにある「たわらや」という名のうどん屋。

このうどんである!予想どおりのモチモチ感が最高。(なんと、この為に1時間茹でてるとな…)
bimg_3606
しかし、門前そばなので行列必至…残念だがそんなには来れなさそうだ…

——————————————–

またある日は、タイのお客さんが美味しい和食をリクエスト。という事で…

関空そばの貝塚にある、「花祥」という料亭を選んだ。ミシュラン二つ星である。人生初…

ほぼ完全予約制のようで、しかもこの日はどうやら僕らだけのようであった。貸し切り…??

大ぶりの松茸とハモの吸い物。
bimg_3613
ぐーっと出汁の香りが立つ、なんというか「精度が高い」という言葉が出てくるようであった。てか、今年初の松茸という身分にはもったいなすぎる…!

雲丹、からすみ、白子、クルミ…どれも濃縮された旨味が滲み出てくる味で、ひとつひとつ味わうに時間がかかって仕方がない(笑)
bimg_3614
色んなところに秋らしい仕掛けを施してある。丁寧。

鯛茶漬け。合計8品の盛りだくさんのフルコース。女将さんも丁寧に付き合って頂いてゆったりした時間を作って頂いた。ありがたやありがたや。
bimg_3615